n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2019
06/04

法学部の魅力

こんにちは!
法学部法律学科2年のこいおーです。
本稿は、私が初めて担当する記事になります。
未だに勝手がわからない部分もありますが、これから慣れていきますのでご容赦ください。

さて、本稿では南山大法学部の魅力について紹介していきたいと思います。


法学部は、読んで字の如く法について学ぶ学部です。
ですが、実際のところ何を学ぶのか、就職はどうなのか......。
私自身、大学に入るまで法学部に関してわからないことが多く、受験の際も精神的に宙ぶらりんな状態だったと思います。
本稿を通して少しでも法学部志望の皆さんの疑問を解消し、受験勉強に専念する手助けになれば幸いです!

そして法学部といえば、法律をガッツリ学んで法曹界に入ったり、法律研究に従事したりというイメージが強いと思います。
もちろんそういった学生も少なくありません!
ですが、法律関係でない仕事を志望する学生も多いということもご存じでしたか。

就職状況.png

(参考:「2017年度就職率」, 「2017年度業種別就職状況」
上の表は、南山大学が公開している統計資料を参考に作成した、2017年度の法学部卒業生の進路です。
進学して大学院などへ行く人もいますが、多くの卒業生が法律から離れて金融・保険業や公務に就いていることがわかります。

ですので、今の段階で志望する学部が決まっていない方にもオススメの学部です!
人を選ばない馴染みやすさも魅力の一つなので、志望学科を迷っている方には是非読んでほしいと思います。



法学部の魅力その1ー 友達作りの機会が豊富!

南山大学の法学部に入学した学生は、まずそれぞれ割り当てられたゼミに所属することとなります。
学生番号順に自動的に振り分けられた20人程度のゼミです。

ゼミ活動は週に1回、演習という形で行われます。
活動内容は各ゼミの担当の先生によって異なりますが、与えられた課題をもとに予め数人のグループ単位でレジュメ(プリント)を作成し、演習の時間でディベートや討論を行うのが主な内容です。


S__37814274.jpg
上の画像は私が使っていた演習のテキストですが、見ての通りボロボロになるまで使いました。

また、殆どの人が第1クォーターで履修する裁判法という科目では、同じゼミの学生と協力してこなす課題が出されます。
何せ各自の行動がゼミのメンバー全員の成績に影響するわけですから、必然的に連携を迫られるわけです。
同じゼミ生と共同作業や討論をする過程で連帯感が生まれ、結果的に自然と仲良くなれます。

大学生にとって、入学直後の交友関係は後々に響きやすく、キャンパスライフにおける重要事項の一つです。
その点、1年次からゼミが開講されている法学部は友人作りのハードルが低く、比較的不安要素が少ない学部といえるでしょう。

尚、南山大学で開講されている法律科目の殆どは、評価方法が期末試験100%となっています。
しかも期末試験では必ずと言ってよいほど論述問題が出題され、早い段階で対策しなければ大変なことになる、というのは有名な話です。
出題内容や論理展開の独特さも相まって、一人だけでの対策は危ない......。

そこで、試験前に勉強会が開かれることがあります。
有志の呼びかけに応じた法学部生同士が集まって、試験対策に励むのです。
わからないところを教え合ったり、過去問を共有したり、色々な形の勉強会があるでしょう。

presentation_kaigi_schoolboy.png

私自身、ゼミのメンバーに呼びかけて勉強会を開いた経験があります。
仲の良い人とはもちろん、普段あまり話さないような人と親交を深めることができる良い機会だと思いました。
法学部の素晴らしき文化として、参加しない手はないですよ!

余談ですが、私が南山大学に在籍して1年になり、ふと気づいたことがあります。

どうも法学部は個性豊かな学生が多いぞ!

言うなれば、個性の煮凝りのような......。

当然ながら年度によって異なりますし、私の偏見でしかありませんが、私の周りの法学部生は面白い人がとても多いです。
南山大学の法学部に入れば、友達や話題には事欠かない4年間になるでしょう!



法学部の魅力その2ー 公務員試験の受験科目に対応している!

安定した公務員を目指している人には嬉しい情報ですね!

まず、公務員になるためには公務員試験を受けなければなりません。
一口に公務員といっても多様な職種がありますが、その中で最も採用人数が多いのが行政系公務員です。
多くの公務員志望者が行政系を目指して試験勉強をすることとなるでしょう。

試験の科目は経済や英語など多岐にわたりますが、その中でも憲法や民法といった法律系科目がかなりの割合を占めています!

他学部の学生であれば、行政系の公務員試験を対策しようというとき、予備知識ゼロからスタートということもあり得ます。
ですが法学部の学生であれば、大学で開講されている講義を受けることで法律の知識を身につけながら公務員試験の対策にもなる、まさに一石二鳥なのです!
これは法学部ならではの大きな強みといえるでしょう。

尚、公務員試験では法律系科目以外にも、行政や政治といった社会科学系科目が出題されます。
南山大学の法学部にはこうした科目の対策になるような講義も存在するため、とても心強いですね!


法学部の魅力その3 -リーガルマインドが身につく!

南山大学のホームページでも、以下のように「リーガルマインド」という言葉が登場しています。

法律学科では、法律の法律の学びを通してリーガルマインド(法律的な考え方)を身につけ、現代社会が抱えている様々な問題を的確に理解し、社会の基盤となる仕組みについて探究します。

(「南山大学 法律科:学科の紹介」)

「リーガルマインド」という言葉については、これまでに幾多の学者の論稿で述べられ、現代に知られているところです。
実はこのリーガルマインド、南山大学に限らずたくさんの大学の教育理念において「法学部で身につけるべき能力」という形で使用されています。

数々の最高学府が目標として掲げるリーガルマインドとは、一体何を指すのでしょうか。
この言葉の日本語訳や定義は一定ではなく、今も議論が続いています。

南山大学のホームページには法律的な考え方と括弧書きで記されていますが、具体的にどういった考え方なのか、説明するのは困難です。
また、私のような一介の学部生がリーガルマインド論についてアレコレ言うのはおこがましく、本稿で解明することもできません。
明確な答えは出せませんが、私が法学部に在籍して実感した、リーガルマインドの理解のヒントになりそうなエピソードを紹介します!

前述の通り、法律科目の期末試験ではよく論述問題が出題されます。
事例問題を始めとして、説明問題や論説問題など様々です。

ところで、論述問題ではとある論理展開の手法が重視されており、広く「(定言的)三段論法」と呼ばれています。
これは、

AはBである。
BはCである。
よってBはCである。

といった調子に論理を組み立てていく演繹法の原理的な一種です。
数学の証明問題でよく見る手法ですね。
法律科目の論述では、基本的にこの三段論法を念頭に答案を作成していくことになります。
そして、この手の論理展開が染みつくのは法学部生の性です。

ある日、私が実家で料理をしている時のこと、母が風呂掃除をしてほしいと私に頼みました。
私は火から離れられないので、母に対し無理だと答えると同時に、暇な弟に頼んでほしいと伝えました。
それでも母はこいおーにしかできないと訴えます。
母は、弟が幼いから風呂掃除をできないと思い込んでいて、このように言うのでしょう。
そこで私は以下のような趣旨の返答をしました。

「風呂掃除は危険だから、体が大きい人がやるべき作業だ。
弟は昔と違い、十分体が大きい。
だから、手が離せない私に代わって弟が風呂掃除をやるべきだ。」

これを聞いた母は、普段の頑固さと打って変わってすんなり納得し、弟に風呂掃除を頼む運びとなりました。
私は母の固定観念を破壊し、見事説得することができたのです。
めでたしめでたし。


......お気づきでしょうか。
上のエピソードで、私は三段論法を駆使して母を説得しています。
私は後になって、三段論法を使うことで説得力が増したことに気づきました。
そして、私が法学部に入っていなければ、恐らく母を説得するのにもっと時間がかかっただろうとも感じました。
私は、これぞ法学部の学びの賜物だと思っています。

リーガルマインドは、先ほどのエピソードで登場した三段論法と多くの点で重なる部分があるようです。
その意味でリーガルマインドは、法律問題を超えた場面であっても役立つ能力といえます。

当然、法学部では三段論法以外にも複雑な論証スキルを利用していくことになります。
そして、法学部で会得する様々な思考法の体系がリーガルマインドに繋がるのではないでしょうか。
南山大学で培ったリーガルマインドは、法律上の紛争や日常生活、ビジネスシーンなどのあらゆるシチュエーションで光る宝物となるはずです!


南山大学の法学部の魅力をお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。
この記事の読者さんが私の後輩になると思うと居ても立っても居られず、気づいたら少し長めの記事になっていました。
少しでもこの楽しさを共有できたら幸いです。
皆さんの最高のキャンパスライフを願っております。

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆