n-cast+

  • n-cast+ TOP
  • > アフリカ in フランス ~リヨン編~

N-Caster:管理者

2019
06/27

アフリカ in フランス ~リヨン編~

Bonjour !
フランス学科3年生のカヒです。
突然ですが、「フランス」と聞いて何が思い浮かぶでしょうか?
エッフェル塔、フランス料理、ナポレオン...
などかもしれませんね。
しかし!今日は「裏の」!フランスを皆さんにお伝えしようと思います。
その名も「アフリカ in フランス」!
今回は私が2年次の海外フィールドワークで主に滞在したリヨンにあるアフリカ系のコミュニティ(移民街)についてみていきましょう!

今回ご紹介するのは、リヨンの中心部に位置するベルクール広場に川を隔てて隣接するギヨチエール(Guillotiere)地区と、サックス・ガンベッタ(Saxe-Gambetta)地区です。
フランスには移民が多くいますが、両地区とも彼らが多く集まる地域になります。
まずはギヨチエール地区から見ていきましょう!
※両地区とも治安はあまりよくないため、訪れる際は派手な格好を避け、貴重品にも注意してください。


ギヨチエール駅の様子line_25203949210695.jpgです。

























リヨンで最も治安が悪いとされているからでしょうか。
駅の構内に数人警官がいました。


line_25269833274836.jpg
























駅前の様子です。

私がここに多く足を運んだのは...

line_25220254473345.jpg
























行きつけのセネガル料理店があるからです!

line_25241254209118.jpg
























これは、鶏肉に加え、マフェと呼ばれるピーナッツバッター入りのシチューのようなもの。
セネガル料理の主食も米であるため、日本人の私たちの舌にあうこと間違いなし!!
シェフもいい人で気さく。ツーショットの写真もありますが、今回はプライバシーのため割愛。

次にサックス・ガンベッタ地区。ここにもアフリカのレストランがいっぱい。

line_25185005167421.jpg
























まずは、ベルクールで知り合ったニジェール人といったこちらの中央アフリカ共和国の料理店


line_25231414149018.jpg
























具体的に何かは覚えていませんが、何かのデンプン、何かの動物の胃腸などの料理。
そしてこちらのア料理店

line_25328528874033.jpg









この右側の料理は今までで食べたことがない味。
しかしとてもおいしいんです!

いかがだったでしょうか。フランスには多くの移民が来ており、様々な国の料理が楽しめてとても興味深いとは思いませんか?

今日はこの辺で。

À tontôt !(またね)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2019年06月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆