n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:管理者

2019
01/15

インターンシップについて

こんにちは!フランス学科3年の のえるです

クリスマスやお正月など楽しい行事が過ぎてついに2週間後にはテスト...
という時期が迫ってきました

余談なのですが、クリスマスに関して...
私のペンネームであるノエルというのはフランス語でNoël 、クリスマスという意味なんです
フランス語にはこのようにかわいい響きを持った単語などもたくさんあるため、
ぜひフランス語に興味を持ってもらえたら嬉しいです


さて、今回はインターンシップについて紹介します。

インターンシップというのは日本では明確な定義が決まっていないのですが、
「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」と
文科
省では捉えられています。


中学生や高校生の方が想像しやすい例でいうと、職場体験のようなものです。
最近は1dayインターンシップという短期間のものも増えていますが、
中には数カ月から半年に渡る長期のものもあります。


南山大学では「インターンシップ研修」という授業も開講されており、
インターンシップに行くまでのマナーや心得を学んだ後、
授業の一環として実際にインターンシップを体験します。

私もこの授業を履修し15日間のインターンシップを体験しましたが、
長期のインターンシップを体験することで、働くとはどういうことかを知ると共に
将来自分の働くイメージを掴むことができ、たくさんの学びを得ることが出来ました!!

IMG_20180803_084216.jpg










写真は私が行ったインターン先の空港です


インターンシップは企業がどんなことに力をいれているのかだけでなく、
社員の方が日々どのような思いを持って働いているかや
会社の雰囲気を肌で感じることのできる貴重な機会です。


仕事体験と聞くと、実際に社員さんが営業でお客様と商談するところに
同行させてもらうというような内容を皆さん想像すると思います。
職種にもよりますが、実際にそういった内容のインターンも沢山あります。

しかし、自分で選んだウエディングドレスを着てみる、
試食をして食品バイヤーさんの体験をしてみるなど
インターンシップと言っても様々なプログラムがあります。

初めは楽しそう、面白そうなどの理由で全く構わないので、
興味のあるものを見つけてぜひ参加してみてください

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆