n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2019
01/10

入試応援メッセージ-理系数学-

みなさん、こんにちは!

理工学研究科1年めぐにゃんです。

1月から始まった入試応援メッセージ

今回は理系数学をお送りします

受験勉強に限らず、

授業や定期試験、模擬テストでたくさんの問題を解いてきたと思いますが...

ちゃんと途中式を書いてますか?

途中式を書くことはとても大事です

もし書かなかったら、計算ミスをして点数を失う可能性があります

丁寧な計算を心がけるためにも、途中式はしっかり書くようにしましょうね。

また、問題を解いて答え合わせするときには

しっかり途中式も見直すようにしましょう

間違えた問題も途中式から見直せば、

自分がどこの計算が苦手なのか、気を付けないといけない部分が見えてきます

なにより、自分がどこで間違えたのかが分かってきます

よって、途中式を書くこと、途中式も含めて見直すことが大事です

これを見た今日からぜひやっていきましょう





また、微分積分はとても大事です。

でもたくさん公式があって覚えるのも大変...

忘れてしまうこともあると思います

そうなってもいいように...

微分の公式と、導出方法を覚えておきましょう

微分の公式は計算が簡単になりますが、その証明もありましたよね?

覚えてますか??

導出も覚えておけば、その場で公式を導くことができ、

そして問題の余白にメモできて忘れることはありません

公式の本質から理解すると、より頭に入ってきやすいので、ぜひ挑戦してみてください。

センター試験では、微積の計算に時間をかけないように、

計算を簡単にできる積分公式を抑えておくこともおススメです

計算時間が短くなり、見直す余裕も出てきます。

先生から教えてもらった人はしっかり頭にインプットしましょう

公式といえば、三角関数での二倍角、半角の公式も重要ですね

これも複雑で覚えておくのは難しいと感じるかもしれませんが

これらは三角関数の加法定理から簡単に導けます。

私は今でも必要になったらその場で計算して公式を出しています




また解答する前には...

問題をどのように解くのか見通しを立てましょう

そうすることで楽に問題が解けるはずですよ!

そして、小さい紙でも問題の解答をすべて書ききれるようにしておきましょう

これは二次試験などの筆記試験の話になってしまいますが

解答を書いてみて、スペースが足りない!書き直し!

なんてことになったら時間がもったいないですよね

なので、小さい紙、例えば半分に折ったルーズリーフ、いらないプリントの裏紙など

そういうもので十分ですので、小さい紙に書く練習をしましょう

ぜひ、今後の勉強に生かしてみてくださいね

次回の入試応援メッセージは"物理"です

お楽しみに


以上、めぐにゃんでした

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆