n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2018
11/22

留学生と"日本語で"話せるボランティア

こんにちは!岡田です!最近寒くなってきましたね
そんな中、今回は、南山の日本語教育ボランティアについて紹介します!

日本語教育といっても、言葉のように難しいものではなく
空きコマの時間に気軽に交流できるのでおすすめです


日本語教育ボランティアは、日本人学生が南山大学の留学生の授業にお邪魔して、
各国の文化について交流したり、ひらがなやカタカナなど簡単な日本語を教えるボランティアです。


交流の内容は、「留学生が日本に来て驚いたこと」や「日本の良い・悪いところ」といった、
日本にいるだけではわからないことなどもあります!

そのほか、「日本特有の察する文化」についてや、「各国の就職の制度の違い」など
ディープな内容についても掘り下げていきます!


内容がとても楽しいので、私はボランティアをしているというより、
新しい文化を知ることができる充実した時間だと思って行っています

ボランティアの時間帯は、私たちの授業時間と同じ時間帯(空きコマ)です。
たとえば、ある曜日の、授業が入っていない時間帯にボランティアをいれて、
次の時間から授業というように、大学で気軽にボランティアの予定が立てられます!


ここまで紹介してきましたが、実際には、皆さんは留学生と話すのに緊張したり、
うまく話せないのではないかなと心配になってしまうかもしれません...
でも、大丈夫です!なぜなら...
留学生と気軽に話せる理由
①留学生の授業に参加するので、テーマは用意されていて、話すグループも先生が決めてくれます!
なので、話す内容に困ったり、グループの輪の中に入れないということがありません
②さらに、留学生が日本語を学ぶ時間なので、わたしたちが英語を話さなくてもいいんです!
むしろ英語で話さない方が留学生のためになるので、英語が苦手な学生にとってはうれしいです!笑

このように、ハードルが低い状態で、留学生と気軽に交流できると思います!

もちろん英語が得意な方やコミュニケーションをもっと取りたい方は、仲良くなった留学生と
語学を教え合ったり、プライベートで遊びに行ったりする
のもおすすめです!

話が長くなりましたが、日本語教育ボランティアの魅力が少しでも伝わっていれば嬉しいです
皆さんも南山大学でぜひ、日本語教育ボランティアに参加してみてくださいね!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆