n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2018
10/11

新しくなった!G棟!

こんにちは!総合政策学部のまるです!

今回は、「レーモンド・リノベーション・プロジェクトによって

改修工事が終わり新しくなったG棟を紹介します!

 

ところで、皆さんは、「レーモンド・リノベーション・プロジェクト」をご存知ですか?

このプロジェクトは、アントニン・レーモンド氏が設計した、

山大学の美しい建築をそのままに活かし、建物の改修や外構整備、

キャンパス内のユニバーサル化を行うというものです。

 

今回紹介するG棟も、そのプロジェクトによる改修工事が終了し、

新しく生まれ変わりました

 

では早速、その新しくなったG棟を、見ていきましょう

image3.jpegimage2.jpeg

G棟には、写真にあるような大講義室教室があり、さまざまな学部の授業に行われます。

私も授業で使ったことがありますが、たしかに以前の教室のつくりや雰囲気は活かされたまま、

綺麗になったのが分かります!

 

image4.jpeg

この写真は、メインストリートとつながる廊下で、多くの学生が行き交います。

左側に見える、レーモンド氏のフレスコ壁画が、廊下に沿って壁に並んでいるのは

G棟の大きな特徴であると言えます。

 

また、G棟は今までになかったエレベーターも付いて、より多くの人が利用しやすい、

学習しやすい環境になりました

私も、またこのG棟で講義を受ける機会が楽しみです!

 

 

最後になりますが...

私は、このどこかレトロで厳粛な雰囲気を持つ、南山大学の建物がとても好きです。

キャンパス内に自然も多い南山大学ですが、その自然と建物の雰囲気がマッチしていて、

とても居心地の良いキャンパスです

 

この記事を読んでくださった皆さんも、ぜひ、南山大学にいらっしゃった際は、

「レーモンド・リノベーション・プロジェクト」による

‟設計の美しさを残したままの、新しい" 南山大学の建物や、

キャンパスの雰囲気にも注目してみてくださいね

 

以上、まるでした~

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆