n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2018
10/23

海外フィールドワーク/フランス2

Bonjour ! (こんにちは。) 外国語学部フランス学科2年生のカヒです。

前回の海外フィールドワーク/フランス1 (http://www.nanzan-cast.net/2018/08/post-1251.html)

では、フランス中部・リヨンでの体験等についてお話ししましたが、今回はこのフィールドワークのプログラムの中に含まれている2日間のスイス研修についてです。

きっとみなさんの中には、フランス学科の研修なのにスイスと思った人もいるかもしれません。スイスは多言語国家で、首都ベルンを含む大部分はドイツ語圏ですが、西側はフランス語圏に属し、ジュネーヴローザンヌといった都市もその中に属します。

では、スイスでの様子を見てみましょう。

研修一日目はまず、リヨンから車で2、3時間のところに位置するジュネーヴを訪れました。

ジュネーヴといえば・・・高校で習った方はきっとご存じですね。

DSC_0770.JPG

そう、国連の本部です!

国連の本部は2つあり、一つはニューヨークに、もう一つはここジュネーヴにあります。

DSC_0773.JPG

議事堂も非常に荘厳な感じがしますね。

部屋の外からですが、実際に会議が行われているところも見ることができました。

DSC_0774.JPG

どの建物も立派ですが、とても広い敷地面積を有することでも知られています。

なんと、ヨーロッパではフランスのヴェルサイユ宮殿に次ぐ広さがあるとか。

DSC_0819.JPG

自由時間ではデジュネ(ランチ)を手短に済ませてから、友達数人とレマン湖のクルーズに乗船しました。レマン湖の水の透明度には驚かされたものの、

DSC_0800.JPG

魅力はなんといっても船上での風が冷たく非常に爽快だったことです!!

もしみなさんがスイスを訪れる機会があれば、レマン湖を湖畔から見るだけでなく、クルーズにも乗ることを強くお勧めします!!

DSC_0805.JPG

ジュネーヴは歴史的がある街でもあり、旧市街にはプロテスタントの教会、有名なジャン=ジャック・ルソーの旧宅など、多くの観光スポットもあります。

今回はここまで。二日目についてはまた今度お話しします!

Au revoir! (さようなら)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年10月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆