n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2018
08/28

海外フィールドワーク/フランス1

Bonjour ! (こんにちは) 外国語学部フランス学科2年生のカヒです!今回はフランス学科の海外フィールドワーク(フランス学科)についての情報を発信します

海外フィールドワークとは、外国語学部の全学科共通のプロフラムで、それぞれの学科の国へ1か月程度短期留学をするプログラムです。

フランス学科の研修先は、フランス北部のオルレアン、または、中部のリヨンとなっていて、私はリヨンの方にいってきました。

それではリヨンでの生活を詳しく見てみましょう

DSC_0489.JPG DSC_0530.JPG

リヨンに降り立った瞬間このような歴史的で美しい街並みが広がっています。

リヨンの旧市街世界遺産にも登録されているんですね。

短期留学先の大学・リヨン・カトリック大学周辺にもこの街並みが広がっています。

DSC_0672.JPG DSC_0674.JPG

丘の上に位置するフルヴィエール・ノートルダム大聖堂の中は荘厳で素敵ですが、リヨンの古い街並みを一望できる展望台も魅力的です。

IMG_20180617_062441_688.jpg

フランス学科の場合は、宿泊先は寮ではなくホームステイです。フランスの家庭料理を食べられるのも魅力的ですが、何よりフランスの文化や習慣を知ることができ、そして教科書ではあまり触れないようなフランス語の口語表現が1か月でも自然と身に着くのはホームステイの魅力ですね。

DSC_0738.JPG

リヨン料理です。リヨンはフランスの中でも美食の街として知られています

上の写真の鶏肉(鴨肉だったかも)は口にいれた瞬間とろけてしまうほどの美味しさです。

DSC_0569.JPG

実はフランスにはケバブ(トルコ料理)を売る店も多いです。フランスにケバブ屋ってギャップがあって面白いですよね。

長くなってしまったので、またの機会があればさらにフランス学科のフィールドワークの魅力をお伝えしますね。

À bientôt ! (またね)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年08月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆