n-cast+

部活・サークル

N-Caster:名古屋

2018
07/17

航空部について

お久しぶりです!人文学部3年のよくたんです!

私は航空部に所属しています。

「航空部って何だろう・・・。」と思われるかもしれませんね・・・

簡単にいうとエンジンのない飛行機に乗って実際に自分達で操縦し、空を飛ぶ練習をしている部活です

どんな乗り物に乗っているかというと「グライダー」または「滑空機」と呼ばれるものです。

ちなみに、これがグライダーです↓カッコいいでしょ

1525347092426.jpg

さて、南山大学航空部の話に戻るとしましょう。

南山大学航空部は現在17名で活動しています。

普段は、週に1度のミーティングをし、月に1度滑空場に行って操縦の練習を他大学と合宿を組み行っています。

グライダーには、大きく分けて1人乗り用(単座)と2人乗り用(複座)があります。私は、普段2人乗り用に教官と呼ばれる操縦のプロフェッショナルの方と乗り操縦の練習を行っています。上達すると、1人乗り用に乗れるんですよ~。

ちなみに、南山大学はJA2535(通称:ミカエル)という1人乗り用の機体を所有しています。なので、私も早く上達して南山フラッグを身に付けたミカちゃんにのりたいなぁと日々思っています。

ちなみに、これがミカエルです↓南山ブルーの翼端(よくたん)をしてます

Picture

そして、さらにさらにに上達すると「自家用操縦士」なる資格にも挑戦することが出来るんですよ!!!

次に、航空部の他の楽しみ方を紹介したいと思います。

1つは、「」と呼ばれる飛行の練習を支える役割を持つ事です。飛行を支える「」は様々なものがあります。例えば、、、グライダー(機体)を組む「機体係」、エンジンのないグライダーを空まで飛ばす「ウィンチ係」などなど、、、。大きく9つの係があります。ちなみに、私は備品を整える「機材係」を最近取得することが出来ました!もし、「グライダーを組んでみたい!」、「グライダーを飛ばしてみたい!」という方がいたら是非是非航空部へ!

もう1つの楽しみとしては、いろいろな大学生と交流がもてる事です。航空部は、合宿を行う時に大体2つの大学が一緒に行う事が多いです。そのため、たくさん合宿に参加すればするほど操縦の技術も上がるとともに、たくさんのグライダー仲間にめぐり合う事ができます。

また、私は5月に大分県で全国の学生が集まって高度と滞空時間(空にいる時間)を競う大会に出場してきました!そこで、いろいろな学生と交流し、これからも大切にしたい友人に知り合う事が出来ました。

このようにさまざまな大学と交流できる事は航空部の大きな魅力かなと思います。

もし、この記事を読んで航空部に興味を持った方がいたら是非是非入部してほしいなと思います。

来たれ!未来の航空部員!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆