n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2018
03/12

合格おめでとうメッセージ 人文学部編

こんにちは、外国語学部4年のみっこです!

受験生の皆さん、受験お疲れさまでした。

そして、合格おめでとうございます

合格した皆さんに、人文学部の先輩のインタビューをお届けします

今回は日本文化学科4年生のK・S先輩に協力していただきました!

.

①人文学部を志望した理由は?

私はもともと、日本語を勉強する外国人に

日本語を教える日本語教育の勉強がしたいと考えていました。

南山大学は留学生も多く、国際性豊かな大学で、

日本語教育を勉強する環境として最適だと思ったので、

南山大学の人文学部日本文化学科を選びました。

人文学部は、それぞれの学科の視点(日本文化学科なら言語・文化、キリスト教学科なら宗教など)で

人間とはどういうものか、人間の本質にあるものを追求していく学部で、

それを学べるのがこの学部の面白いところの1つだと思います。

.

②学部の雰囲気を教えてください!

学生も先生もアットホームな雰囲気で温かい人が多いです。

でも、単なる仲良というわけではありません

自分の考えを持ちつつ、柔軟に相手の考え方や価値観を尊重する人が多く、

お互いに刺激をもらい合いながら高め合と雰囲気があると思います。

色々なことに興味をもって取り組んでいる人が多いです。

.

③南山大学に入って成長したと思うところは?

興味があることに好奇心をもって挑戦する力がつきました。

大学に入学する前の私は「南山大学に入る=自然に留学生と交流できる」と思っていましたが、

自分から行動をしなければ、そういう機会が得られないということを実感しました。

大学には選択肢がたくさんありますが、それを自ら選択しなければなにも挑戦できません。

大学4年間で私は、そういったやりたいことに自分から挑戦していく力が

身についたと感じています。

.

④新入生にメッセージをどうぞ!

合格おめでとうございます!

これから楽しい大学生活が始まりますが、

4年間はあっというまで、やりたいことをためらう時間はありません

限られた時間しかないことを意識して後悔しないように、

理想のキャンパスライフをイメージしながら

やりたいことに挑戦する充実した学生生活を送ってください!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆