n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:管理者

2018
01/12

入試応援メッセージ 理系数学

こんにちは!

理工学部システム数理学科4年のめぐにゃんです

今月から続いている入試応援メッセージ!

今回、私から理系数学についてお伝えします


高校の数学Ⅲは、大学の数学に直結することがあります。

実際に、南山大学の理工学部1年生が受ける数学系の授業科目は

高校の数学の延長線上にあります。

つまり、今のうちに努力すると大学に入学して早々

勉強についていけない!という事態を避けられるかもしれませんね。

(あくまでも、私めぐにゃんの見解です)

特に、極限、微積分については他の分野でも使われますので

これらについてアドバイスしたいと思います。

*******極限********

そのまま極限を求めたら不定形になってしまう場合についての対処法をしっかり把握しましょう!

部分分数分解する、あるいは最高次数の項で割るなどですね!

*******微積分*******

苦手な人が多いかもしれませんね。

微積分については、大学に入ってもお付き合いすることになります。


極値問題は必ず増減表を書くようにすること

範囲をしっかり注意した上で、問題を解くようにしましょう

計算を簡単にすること

偶関数、奇関数と分かった瞬間楽できるようになります。

このような感じで楽できる方法を探してみましょう。

それから、筆記試験においては私立も国公立も関係なく

証明問題計算過程が長くなるような問題出題されることがあるかと思います。

私のときはそうでした。

皆さん、色々な筆記試験を受けられているので分かっているかと思いますが

解答欄のサイズって限られてますよね?

文字の大きさとか考えないとすぐあふれてしまいますよね...

そのようなことで困らないように

小さい紙、例えばいらないA4用紙を半分に折ったときのサイズなどで

解答を書く練習をすることをお勧めします!

そうすることで、限られた解答欄の中で書けるようになるハズです。

折角解いたのに、書き直しなんてしたくないですもんね。


以上対策を紹介しましたが、知ってるだけでは使えません。

実際に問題を解いて慣れていきましょう!

それでは、この辺で!

次回は物理です~

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆