n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:管理者

2018
01/11

入試応援メッセージ 世界史

こんにちは!

外国語学部フランス学科3年のミワカナです

入試応援メッセージ第5弾は世界史です!

今回は世界史の勉強法の中でも

私がやっていた入試直前の勉強法についてご紹介します!

ミワカナ式世界史対策に必要な物

過去問(センター試験前はセンター試験のもの、センター試験後は南山の赤本)、

学校の世界史の教科書筆記用具です!

 

方法は次の通りです!

 

① 過去問を試験本番と同じ時間内で解く。

万が一、1回で全てを解ききれないのであれば分割してもok!とにかく同じ時間分、

確保して解きましょう。


時間内に解ききれなくても、一旦切り上げ、②に移ります。

②が終わった後であれば残りの問題を解いても構いません。

本番と同じ時間でどれくらいの点数が取れるのかを知ることがポイントです。

時間内に解ききれなくても大丈夫。

本番までにこの勉強法を繰り返せば、慣れてきて、時間内に解けるようになりますよ。

 

② 答え合わせ

 

③ ×や△の問題を教科書にチェック

用語はアンダーラインを引いたり、教科書に書いていない事柄は付箋に書いて関連する

事柄が載っているページに貼り付けたりして、×や△の問題を教科書にチェックします。


過去問を何年か解きながら教科書にチェックを入れておくと、同じような箇所が出題される

ことが分かってきます。

なので、出来る限り、教科書にチェックを入れた事柄は覚えておく必要があります。

 

ではどのように覚えるか

ポイントは単語をピンポイントで覚えるのではなく、関連で覚えるです。

 

例えば...!

‣ 人物や建物は画像と覚える。

(教科書に載っていなければ世界史資料集や、ネット検索をしよう!)

 

‣ 似た語との区別によって覚える。

(例:アラム人とアムル人)

 

‣ 王朝の移り変わりを書き出し、各王朝の重要事項を添える。

 

です!

入試直前の勉強法に困っている方は、この方法で過去問1日1年分から始めてみてください!

 

応援しています

以上、ミワカナでした!次回は文系数学です

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆