n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:管理者

2018
01/10

入試応援メッセージ 英語(リスニング)

こんにちは、外国語学部英米学科4年生のおんおんです!

今回は

入試応援メッセージ 英語(リスニング)

をお届けします!!

筆記試験に比べて対策しにくい英語のリスニング試験。

みなさんはどのように対策していますか??

今回はそんなリスニング勉強法の例をいくつか紹介します


Shadowing(シャドーイング)

リスニング力を上げるのに有効な方法の一つとしてシャドーイングがあります!

シャドーイングとはCDで英文の音声を聞きながら自分も影のように英文を追って発音していくというトレーニングです

ここでは英文を流しながら一緒に声に出して同じ文を読んでいくことで

ここでは英文を流しながら一緒に声に出して同じ文を読んでいくことで

ネイティブスピーカーが話す速さを身につけます

ただ聞くだけでなく一緒に読むことがポイントです!

同じ英文を繰り返し使うことで、速さに慣れるだけでなく

内容や文法にも気を付けながら聞けるようになります!

慣れてきたら英文を見ずに音だけを頼りにシャドーイングを行います

継続的に行うことで、余裕をもって落ち着いて英文を聞くことができるようになるので

ぜひ参考にしてみてください

読む力をつける

リスニングに読む力は関係なさそうですが、いかに速く正確に問題文を把握できるか

リスニングでは重要になってきます。

音声を集中して聞けるように短い時間で問題文をある程度理解できるよう練習しましょう

おすすめの練習法は速読です!英語のパラグラフを『1分』というように時間を決めて黙読しど

れだけ自分が内容をつかめたかを確認します。

これは細かい文法事項ではなく大まかな内容をつかむ練習です!

繰り返すことで音声と音声の間の短い時間で問題文を把握できるだけの読解力を身につけます!

これはリスニングだけでなくリーディング練習にも使えます

先入観を持たずに聞く

これは練習法というよりはリスニングテスト中に気をつけることの一つです!

職業の話題で女の人だから看護師さん、男の人だからパイロット、などと

音を聞く前に自分で決めつけてしまうのは命取りです!!

勝手に自分の中で話を解釈してしまうのではなく読まれる英文に注意しながら聞きましょう!

ただし、100%聞き取らなければ解けない!ということはないので安心してください!

聞き取れた情報を冷静に整理して挑みましょう


今回紹介した3つはあくまで対策法の一部です。

自分に合った勉強法を見つけて本番に臨めるようにしましょう

以上、おんおんの「入試応援メッセージ -英語(リスニング)-」編でした!

次回は「入試応援メッセージ -国語-」です。お楽しみに!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆