n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2017
12/01

総合政策学部 イチオシ授業紹介②!

こんにちは!

総合政策学部3年のまっさんです


だんだん寒くなってきましたね~

みなさん体調管理はできていますか??

さて、今回は前回に引き続き、総合政策学部でフィールドワーク

できる科目を紹介していきま~す!!

フィールドワークって何??という人は前回(6月9日)の記事を見てくださいね~


今回紹介する科目は学外体験プログラムB1です!

(※科目名は変更される可能性があります。事前にシラバスを見て確認してくださいね)

この授業の副題は、「ベトナムマングローブ植林プログラム」です。

授業を担当される先生が代表を務めていらっしゃるNGOの南遊の会がホーチミン市農業開発局と

共に実施しているマングローブ林再生事業です。
簡単に言えば、授業の一環としてベトナムでNGOの植林活動のスタディツアーに参加させてもらえるということなんです

この活動は、ベトナム戦争で枯葉剤が撒かれた地域に

名古屋の大学生(主に南山の学生がメイン)や関東の大学生、ベトナムの大学生が一緒になって

植林作業に参加します。作業を通じて環境を守ることの大切さを学んで、異文化交流にも役立つ

プログラムとなっています。

ベトナムの大学生と活動すると書きましたが、言葉の面で不安に感じる人がもしかしたらいるかもしれませんね
でも、心配いりません。彼らの多くは大学で日本語を学んでいるからです!!

もちろん、日本の学生もベトナム語会話にチャレンジします



ツアーの日程は11日間です。そのうち、作業をするのは3日間で、マングローブ林の成長を妨げる

ニッパヤシノコギリでひたすら刈る作業が1日、植林をする作業が2日となっています。

炎天下ですが、休憩をこまめにとりながらみんなで協力して植林します

植林.jpg


ニッパヤシは人間の背丈よりもはるかに大きいです。

初めはジャングルのようですが、作業後は光が差し込むようになります。

ニッパ.jpg

作業は確かに大変ですが、環境を守ることの大変さを実感します。

作業を終えたらホテルに戻ってみんなで美味しいご飯を食べられるのが密かな楽しみです(笑)


このツアーは植林以外の活動も充実しています。

例えば、、、

日本とベトナムの環境問題について真面目に議論したり、、

討論会.jpg


交流パーティー
があったり、、、

無茶ぶりをさせられてへたくそな恋ダンスを踊りました。

温かい拍手がもらえたからまあ、いっか(笑)

交流パーティー (2).jpg


ホーチミン市を観光したり、、、、

IMG_6662.JPG

現在、ホーチミン市では日系企業が地下鉄の工事をしています。

完成したらバイク社会のベトナムで地下鉄が社会に

どんな影響を与えるのか興味深いです!



いかがでしたか??

11日という短い日程ですが、とっても中身の濃い充実した時間を過ごせました!!

ベトナムの友達も他大学の友達もいっぱいできたので、帰国した今でもFacebookやLINEで連絡をとっています。


授業の経験者として、南遊の会の学生スタッフとして、みなさんがこの授業に興味を持ってくれることを楽しみにしています

                                               以上、まっさんでした~

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆