n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2017
03/12

合格おめでとうメッセージ 外国語学部編

 

みなさん合格おめでとうございます!

そして受験生活、本当におつかれさまでした!

英米学科の海です。

 

今回は外国語学部英米学科の学生

K君にインタビューをしてきました!

 

1.学科の雰囲気は?

 

英米学科では入学時に実施されるテスト結果によってクラスが分けられます。

 

このクラス分けでは

 

1・2年の必修授業であるOral Communication,Writing, Readingのクラスを、

 

どの先生のもとで、誰と勉強するか、決定します。

 

(初めの猶予期間にクラス変更の申し出・申請をすることはできます。)

 

基本的には少人数のクラスの中で必修授業が行われるので、

 

皆、アットホームな雰囲気のなかで本当に楽しそうです!

 

 

2.大学生活で楽しいことは?

 

大学生は沢山時間があるので、今しかできない長期間の旅行ができることです。

 

アメリカのニューヨークに1 週間滞在して自由の女神を見たのは印象的でした。

 

イギリスに一か月滞在した際に現地で知り合った友人と計画をして

 

スコットランドに行ったのも凄く楽しかったです!!!(^^)!

 

 

3.留学しますか?

 

今年の夏からアメリカのペンシルべニアに行く予定です。

 

南山大学と交換留学協定を結んでいるディキンソン大学で勉強します。

 

向こうでは英語教育の勉強に力を入れたいです。

 

ディキンソン大学では日本語のTA(Teaching Assistantと呼ばれる、学生が

 

日本語を学ぶ学生の勉強の手助けをする制度)ができることも選んだポイントです。

 

教育について、机上で学ぶだけでなく、

 

実際に相手に教えることを通して何か学べることがあると期待しています。

 

また、日本語が好きで勉強している人となら

 

仲良くなりやすいかと思い、選択しました。

 

4.ゼミは?

アンソニークリップス先生のゼミに入ります。

理由は先生が専門とする教育を学びたいということはもちろん、

 

先生のスタイルが自分に合っているなあと思ったことが決め手です。

 

留学しますが、ゼミは3、4年生の2年間勉強する大切な場ですしね。

 

 

 

5.好きな授業は?

 

心理学が好きなので、基盤・学際科目(教養科目のようなもの)の

 

心理学Bの授業がよかったです!経営学部の中尾陽子先生の授業です。

 

外国語学部では言語の運用能力はもちろんのこと、

 

文化、社会、歴史など多岐に渡って

 

諸分野の専門的知識、教養を身につけていきます。

 

 

 

6.新入生の皆にメッセージ

 

南山大学では、外国語検定試験による単位認定制度もあります。

 

僕は当初これを知らなくて後悔しました...。((+_+))

 

英検・TOEIC等の基準点を獲得している方は対象となりますので、

 

興味のある方は詳細を確認してくださいね。

 

 

無題.png

 

 

 

 

 


 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2017年03月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆