n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2017
02/13

中国語検定に挑戦

こんにちは!総合政策学部のあさですlaugh

今回はわたしが昨年の11月に挑戦した中国語検定bookについて紹介します。

 

中国語検定とは、その名の通り中国語の語学レベルをはかるもので、

皆さんの中にも受験したことが多いと思われる、英検中国語バージョンですenlightened

今回わたしは3級に挑戦しました!

3級の問題形式は筆記pencilリスニングear問題に分かれています。

勉強に使っていたテキストはこちら↓↓↓

 

IMG_2608.JPG

左側は筆記問題に特化したテキストで、右は過去問題集です。

 

他に、「中国語Ⅲ」という授業を履修して、週1回大学でも検定にむけて

中国語を学んでいました。

1人で勉強していて心が折れそうになったとき、

同じく検定に向けて勉強している友人と励ましあったのはいい思い出です。confident

 

 

中国語は難しいですが、以前より力がついてきたのか、

中国人留学生同士の会話から聞き取れる単語が増えましたshine

留学生の友人からも、「中国語もっと頑張ってね!」と

言葉をかけてもらい、勉強のモチベーションになっています。

 

語学は勉強し続けていないとすぐに忘れてしまうので、

検定は終わりましたが、これからも中国語の勉強は続けますbookpencil

 

高校生までは英語以外の外国語に触れる機会は少ないと思いますが、

大学に入るといろいろな国の言葉に触れる、

学べる機会が多くなる(特に南山大学は留学生との関わりや、ワールドプラザetc)と

わたしは思いますsmiley

みなさんもいろいろな言語に触れて、ぜひ自分の世界を広げてみてくださいshine

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2017年02月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆