n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2017
01/03

入試応援メッセージ -英語(リスニング)-

こんにちは、外国語学部2年おんおんです!

 

入試応援メッセージ第2弾は英語(リスニング)ですpencil

リスニング問題は、聞き逃したらおしまい、とついガチガチに緊張してしまいがちです。

少しでも皆さんが落ち着いて挑めるよう、わたしからちょっとしたアドバイスを紹介します!

 

リスニング問題は自分のペースで進めることができず、どうしても焦りがちです!

また、日本人は昔から自分から話すのが苦手であり、

どうしてもリスニングが苦手であると言われています。

しかし!センター試験を含め、各大学一般入試も

リスニング試験を実施する学科は多いため、

少しでも苦手意識をなくしていきましょうshine

 

ここでは主に4つの勉強法をシェアしていきます!!

① 正しい発音で単語を覚える

皆さんは各単語帳で単語を覚えるとき、

スペルが難しいなど、複雑な単語をどのように覚えていますか?

わたしも高校生の時やってしまっていましたが、

自分がスペルを暗記しやすいように覚えていませんか?

例えば「favorite=ふぁぼりて」 のような感じです!

確かに単語自体を覚えるには良いかもしれませんが、

リスニングで気を付けるべき点は正しい音で覚えることですpencil

ネイティブの発音と自分流の覚え方を混同しないように訂正していくことが大切です!

 

② 音読トレーニングを行う

ここでは耳を鍛え、ネイティブスピーカーに少しでも近いスピードに慣れることを目指しますshine

一見リスニングと音読は関係ないように思えますが、

教科書についているCDなど聞きながら一緒に声に出して文章を読むと、

少しずつスピードに慣れていきますpencil

 

③ 過去問題を解く

では実際に過去問題を解いてみましょう。

答え合わせをすると間違えた問題がいくつか出てくるかもしれません。

そこで、解答のスクリプトを見て自分がどこが聞き取れなかったのかを確認します。

その部分を何回も聞き直し、特に消えてしまう音、省略形などを中心に復習しますpencil

知っている単語でも実際に問題を解いてみることで

自分の苦手な音を見つけることができると思うので根気よくトレーニングしましょう!

 

④ 細かい部分にこだわらない

問題を解くにはどの教科、分野でも割り切ることも大切です!

リスニング中、「あそこが聞き取れなかった!!」と思うこともあると思いますが、

そこに気を取られてしまうと、その先もパニックになってしまいます。

もしそう感じても一度リセットしましょう!

一見乱暴に見えますが、心にゆとりをもつことがリスニングの攻略法です!

長い試験を乗り越えるための重要なポイントの一つだと思います!

 

今回4つの方法をわたしなりに紹介させていただきましたが、

自分に合ったやり方をぜひ見つけてくださいsun

そして本番までにたくさんトレーニングを積んでぜひリラックスして試験に挑んでください!

集中力をを保つためにも前日の睡眠は重要ですよrun

 

以上、おんおんでした!

次回は国語!お見逃しなく!

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2017年01月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆