n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2016
12/16

バイリンガルへの道―普段の英語勉強法

こんにちは、やすです!!

大分寒くなってきましたね~、皆さん風邪に気をつけてくださいね。

私はもう既にひいてしまいました…wobbly

 

さて、受験生のみなさんは今まさに、入試に向けて様々な勉強をしているかと思います。

特に、英語については苦労している人も多いかと思います。

そこで今回は継続は力なり!ということで、

普段からコツコツできる英語勉強法を紹介したいと思います!

ところで、南山大学で英語を含めた外国語学習というと

World Plaza(ワールドプラザ)を思い浮かべる人も多いと思います。

(World Plazaについてはこちらの記事をチェック→http://www.nanzan-cast.net/2014/09/post-796.html

 

しかし!今日はあえて家や図書館でもできる英語勉強法を教えます!

まずは、なんといっても語彙力読解力ですよね。

語彙を増やして読解力を上げるには、やはりたくさんの英語の文章に触れるのが一番効果的です。

そこでおすすめしたいのが、テレビの字幕と副音声の活用!good

ニュースや洋画をテレビで観ると、音声切り替えや字幕をつけることができます。

そこで、意識的に音声は英語字幕は日本語にしてみましょう。

そうすることで、日本語の難しい言い回しや単語を英語でどのように言うか、知ることができます。

リスニングも鍛えられるし、一石二鳥ですね。

慣れてきたら、字幕なしで英語を聴いてみましょう。

がっつりリスニングできます!(World PlazaでもCNNが視聴できます

テレビのいいところは耳で全部聴き取りきれなくても、映像で情報を補えることです。

ぜひ、活用してみてください!

 

単語や言い回しを学ぶのなら、テレビでなくても新聞でもできます。

いくつかの新聞社は、日本語と同じ内容の記事を英語でも発信しています。

また、海外メディアの日本語版の記事もあります。

そうした記事を通して、同じ内容を日本語と英語で比べてみましょう!

すると、単なる言い回しだけでなく、日本語と英語のニュアンスの違いや見出しの構成の違いにも気づくことができます!

これも少し慣れてきたら、日本語の新聞の記事を自分で翻訳してみて、実際の英字新聞のその記事の表現と見比べてみましょう。

エッセイとかレポートを書くときの文章表現の幅が広がって洗練されますよ!surprise

ちなみに、日本語・英語の新聞は南山大学の図書館にたくさん保管してあります。

librarypress.jpg

さて、次はリスニングです。

リスニングはテレビを通してでもできますが、私はラジオをおすすめします!

ラジオは耳からの情報オンリーなので、リスニングにはもってこいです。

また、ニュースのラジオなどは原稿が公開されている場合も多いので、

それを参照しながら聴いてみるのもアリです!

 

じゃあ、最後にスピーキングも鍛えちゃいましょう!

私はいつもシャドウイングをしています。

シャドウイングとは、聴こえてくる音声に合わせて発話することです。

ラジオやテレビでニュースを視聴しているときは、ニュースキャスターになりきって、

テレビで洋画や海外ドラマを観ているときは、その役になりきって、

口を動かしてみましょう!!

楽しいですし、自分の英語をきれいで伝わりやすい英語に矯正することができます。

 

ここまで、長々と英語勉強法について書きましたが、本当に効きます。

私はこれで英検1級取りました。笑

英検だろうが、TOEICだろうが、TOEFLだろうが関係ありません!

単なる英語の知識だけでなく、文章構成能力やプレゼン力も上がります!

こうしたテクニックは、スマートフォンのアプリのラジオやテレビでも使えるので、

ぜひスキマ時間を活用して、英語力をメキメキ上げてください!!

みなさんが、これを参考にして上げた英語力を、

南山大学で思う存分発揮してくださることを願っています!happy01

 

では、英語の勉強がんばってください!やすでした!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年12月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆