n-cast+

event

N-Caster:名古屋

2016
11/02

*夏の東北旅行2*

おひさしぶりです!なおです!

今回は、かきこと旅した東北シリーズ語り部さん編ですhappy01
 
 

かきこが言ったとおり、私たちが訪れたのは宮城県の南三陸町です!

南三陸町は、東日本大震災で大きな被害を受けたところの1つです。

この町で人々が何を体験したのか、リアルなお話が知りたいと思い、語り部さんからお話を聞くツアーに申し込むことにしました。
 
 
私たちの語り部さんは60代くらいの女性の方で、震災によって家を失われ、叔父さん、叔母さんも共に避難している中で亡くされました。
 
お話は涙が止まらないくらい壮絶で、今も話すことも辛い記憶なのに、
震災の教訓を次の世代でいかして貰うために、こういった活動を続けておられるそうで、本当に頭が上がらないです。
 
IMG_3223.JPG
 
こちらの写真は2007年に撮られた高台から見た景色です。
ここから見えた家々や町の施設がもう形も無くなってしまいました。
 
IMG_3219.JPG
 
これだけの家々が1日で無くなってしまいました。
 
現在は、海岸付近の区域には住宅を建ててはいけないという法ができ、
元々住んでいた場所にはもう戻れなくなってしまったそうです。
 
語り部さんはそれが本当に悲しく悔しいとおっしゃっていました。
 
 
わたしは南三陸に行くまでは、津波の映像を見たり、
被災者の方の作文などを読んだりして、震災のことを理解したような気になっていました。
 
しかし、実際に被災者の方に生の声を聞くことは、
辛さとか悲しさの感じ方が全然違っていて自分のことのように痛切に感じました
 
 

震災のために何かしたいとか、自分は被災者の方のために出来ることが無いとか、もしそう思ってる人がいたら、ぜひ東北に行って震災の爪痕を見て欲しいです。
 
きっと大学生活の忘れられない思い出になると思います。
 
そしてこれからも度々思い出して、風化させないで欲しいです。
 
IMG_3213.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年11月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆