n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2016
08/29

博物館実習

こんにちは、人類文化学科4年のしーちゃんです。

 みなさん、夏休みいかがお過ごしですか?・・・勉強に忙しいでしょうか?

大学生の勉強は、高校までの勉強とかなり違ってきます。(学部学科によっても全然違いますが。)

 

今回は、大学の勉強の中でも実践的な授業の紹介です。

私が履修している、博物館実習についてレポートします!

 

博物館実習は、学芸員資格を取得する課程の集大成です!

この課程は、学科の授業にプラスして学ぶのですが、学芸員にならなくても(なれなくてもcoldsweats01

博物館の楽しみ方を知ることができるのでオススメです。

人類文化学科や日本文化学科の学生が多いですが、どの学部・学科でも学ぶことができます。

 

さてさて、博物館実習では、これまで学んだ知識を踏まえ、

実際に博物館で展示を作っていきます。

普通は学外の博物館にお願いして実習させていただくらしいのですが、

南山大学では大学内で実習できるのです。

それは学内に博物館があるから。

南山大学人類学博物館をご存じですか?

(南山大学人類学博物館HP http://rci.nanzan-u.ac.jp/museum/

ほぼすべての展示品を触れるなかなか面白い博物館なので、是非一度訪れてみてください!

 

s-紀要ポスター.jpg s-紀要バンチェン側全体.jpg

s-紀要バチェン.jpg s-紀要全体.jpg

では、春学期に私たちが展示した2つの企画展をご紹介しますね!

まずこちらは「人類学博物館紀要に載った資料」展

学芸員さんや先生方の研究成果が載った冊子「紀要」とリンクして、研究者が注目するポイントが伝わる展示を目指しました!

 

s-西江ポスター.jpg s-西江雑貨.jpg

 s-西江生物2.jpg s-西江視線2.jpg

続いて「西江雅之のみた遠景をたずねて」展

世界各地を訪れた言語学者・文化人類学者の故・西江雅之先生のコレクションが人類学博物館に寄贈された、そのお披露目展示です。

展示ケースの外にも展示が出現してちょっとどきどきする空間をつくる、私のお気に入り展示でした!

ちなみに私が担当したコーナーは最後の写真。

何気なく置いたり吊したりしてあるように見えるかもしれませんが、ちゃんと安定させて正面を向かせるのはなかなか難しかったんですよー。工夫しがいのある展示でした!

 

 

秋学期は、この経験を活かして、私たち実習生による(博物館のお手伝いではなくて)自主展示を作ります。

ここでご紹介した2つの企画展はすでに終わってしまっていますが、常設展も面白いのでぜひ一度人類学博物館を訪れてみてください。

(ただし、8月6日~8月21日は休館日なので注意してください。 

大学のスケジュールと連動してるので、普通の博物館と開館日や開館時間がちょっと違います。)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年08月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆