n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2016
08/15

単位互換で名古屋を考える!

 

こんにちは!アジア学科2年のみゅうです!

突然ですが、他の大学の講義を受講できる制度があるのを知っていますか?

私は春学期にその制度、単位互換制度を利用して名古屋学院大学の授業をとっていました

今回は私が受けた講義と、単位互換制度について紹介していきますsun

私が受けたのは、名古屋学院大学の「名古屋を考える」という授業です

「ナゴ校」の活動で名古屋のまちと関わる中で、もっと名古屋について知りたい!

と思い、この授業を受講することにしました

 

「名古屋を考える」の魅力は、なんといってもフィールドワーク

ほぼ毎回の授業にフィールドワークが組み込まれているんです

講義→フィールドワークの流れは

講義で学んだことを実際に目で確かめることができるので、講義内容が定着しやすいと感じました

 

主に栄周辺を歩き、栄ミナミ音楽祭

世界フェアトレードデーなごやの見学、

金山で行われた手羽先サミットでのボランティアもしました

フィールドワークで訪れた栄ミナミ、泉、栄東などは

徒歩十数分のレベルでも街の雰囲気がまったく違うのにはとても驚きましたeye

矢場町駅付近にある、徳川ゆかりのお寺を訪れたりもしました!

今まで知らなかった名古屋を発見できたのがこの講義での収穫です

矢場町 仏像.JPG

十人程度で行われる少人数の授業なので、名古屋学院大学生や、

単位互換を利用して受講している他の大学の生徒とも仲良くなれ、とても充実していましたshine

 

 

この講義を受ける際、利用したのは愛知県学長懇話会の単位互換制度です

他にも、南山大学には、

豊田工業大学との単位互換制度、大学コンソーシアム瀬戸の単位互換制度があり、

それぞれ講義を受けられる大学と受けられる講義が違います

指定された期間中に受けたい授業を決め、出願表を出し、受講許可が降りれば講義を受けられます!

南山大学では、1年生の秋学期からこの制度を利用できます!

みなさんも、興味のある授業を見つけたらぜひ制度を活用してみてください!

 

以上、みゅうでした!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年08月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆