n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2016
02/06

合格おめでとうメッセージ 短期大学部編

こんにちは!外国語学部2年のみっこです!

受験生の皆さん、試験お疲れさまでした。

そして、合格おめでとうございますshine

短期大学部に合格された皆さんへ、先輩からのインタビューをお届けします!

今回インタビューに答えてくれたのは短期大学部2年のK・S先輩ですsun

来年度から、総合政策学部への編入が決まっている先輩ですよ!

 

 

1.この学部を選んだ理由

もともとは南山大学の四年制の学部を志望していました。

ですが、短期大学部の編入制度を知り、

短期大学部で2年学んでから大学の3年に編入し、また『新たな学びを深められる』という

選択肢の広さに魅力を感じました。

短期大学部を卒業するにあたって進路の選択を考えた時に、

自分のしたいことは何かを改めて考える機会にできると思い、この学部に入学を決めました。

 

2.学部の雰囲気

すごくフレンドリーです。

他の学部と違って、クラスがあるので、仲良くなりやすいと思います。

短期大学部の学生は、在学期間が2年しかないこともあり、編入や留学、就職など

それぞれの卒業後の希望進路について、早くから深く考えている学生が多い印象です。

授業については英語科なので、もちろんみっちりと英語をやります

ディスカッションやプレゼンテーションなど、英語を使った授業をすることも多いので、生きた英語が身につきます

 

3.南山大学での生活で楽しいこと

部活です。

現在ギター音楽研究会に所属しています。バンドではボーカルを担当しています。

さらに2年ではありますが、幹部も任されていて、副主幹としても部の運営を支えています。

 

4.南山大学に入って成長したこと

さまざまな人とコミュニケーションをする力が身につきました。

授業は特にグループワークが多く、

あまり接する機会のないような人と話す機会も多かったため、

そういった人とどう会話を進めればいいのか、

といったことが自然と身についたように感じます

部活内でも、特に先輩後輩の繋がりを意識して積極的に話をするようにしています。

 

5.最後に新入生に一言!

短期大学部の良いところは、2年でいったん区切りがつけれるところだと思います。

在学期間の2年間で、やりたいこと、やらなきゃいけないことを集中してできるし、

その中で、自分の本当にやりたいことも見えてきます。

自分のやりたいこと見つめなおすのに南山大学短期大学部は、

良い場所になると思います!

 

 

以上、K・S先輩のインタビューでした!

皆さんにとって、南山大学での生活が実りのあるものになりますようにshine

 

※短期大学部は2017年度より募集停止の予定です。

 

IMG_5163.jpg

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年02月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆