n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2016
02/20

合格おめでとうメッセージ 人文学部編

南山大学に合格した皆さん、おめでとうございます! 日本文化学科3年まーみんです。

今回は人文学部日本文化学科のN・Kさんにインタビューしてきました!

人文学部に入学予定の方、必見です!

 

1.人文学部を志望した理由

高校時代、とくに具体的な将来の夢や目標がなかったので、

とにかく大学で自分の好きなことを学ぼう!と思い、この学部を選びました。

私は子供の頃から読書が好きで、

勉強熱心ではなかった高校時代でも、とりわけ国語には楽しさを感じていました。

そんなこともあって、大学ではもう少し文学を研究したいと思い、日本文化学科を選びました。

今は近現代文学を中心に学んでいます。

 

2.日本文化学科の雰囲気

日本文化学科は全体の割合として女子が半数以上ですが、

男女関わらず個性的な人が多いように感じますsmiley

それは自由に講義を選択しやすい学科だからかもしれません。

それでも、日本の文化や歴史、言葉や文学に魅力を感じているというところでは皆共通しているので、

不思議な一体感みたいなものも漂っている気がします。

 

3.南山大学で楽しいこと

私は「自分らしさ」を考えられるところが、大学生活の醍醐味だと思っています。

南山大学にはそれぞれのやりたいことを頑張っている学生がたくさんいます。

一見何も考えてなさそうな人がすごく興味深いことを考えていることもあります。

私自身、留学生や学科の友達、先輩後輩、教授など、色々な人達と関わるなかで、

高校時代に比べて他の人達のおもしろいところに刺激を受けることが増えました。

そのなかで自分らしいところをたくさん発見できたように思います。

相手と向き合いながら自分と向き合うことができるという意味で、大学生活には楽しさを感じています。

 

4.南山大学に入って成長したこと

これまでは、与えられたことを受け取るだけということが多かったのですが、

大学での勉強や毎日の生活を通して、積極的に色々なことに取り組むようになりました。

自分から専門書を読み漁ったり、分野を問わず、やりたいと思った勉強に挑戦したり・・・・・・。

そのなかで、もちろんたくさんの失敗もありますが、

自分らしくさまざまなことを頑張ろう、という気持ちは強まったと思います。

 

5.新入生に一言!

自分らしく、希望を持って充実した4年間を過ごして下さい!

 

N・Kさんからのメッセージは以上です。 

これから始まる大学生活を楽しみにしてくださいね!

 

人物こ.jpg

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年02月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆