n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2016
01/07

入試応援メッセージ 日本史

こんにちは、法学部三年生のきょんきょんです。

受験本番まであと少しですね。

直前期には暗記科目をやりこむのがベター!ということで、

今回は日本史についてお知らせします。pencil

 

日本史はとにかく暗記が多い科目ですね。sweat01

暗記の仕方には人それぞれで色々な方法がありますが、私が受験期にしたやり方を書こうと思います。

勉強のスタイルがなかなか決まらない方は是非参考にしてみてください。^^

 

 日本史を勉強する上で、単語帳などを使ってとにかく丸暗記する方法はあまりお勧めできません。

大学受験では範囲が広い上に、他の科目も勉強する時間を確保しなければいけないことを考えると、

ただ丸暗記するだけでは効率が悪く、知識がすぐに抜けてしまう危険があるからです。shock

それではどう勉強方法を工夫すればよいのでしょうか?

私が日本史を勉強するうえで意識したことは・・・

 

step1

 まずはざっくりとした歴史の流れを押さえます。

授業のノートや資料集などをもう一度見直して大まかな流れをつかむと同時に、大体のイメージを持ちます。

 

step2

次に頻出単語や重要語句を時代順に書いてまとめた表を作ります

教科書の字面を読むだけでは暗記して知識を定着させることが難しいと思ったので、

私は時代背景や出来事の経緯を表にまとめて分からないときはすぐに確認できるようにしました。

この時に文化史は別にまとめておくこともお勧めします。

 

step3

流れをまとめた後は、なぜその出来事が起きたのか?等の因果関係が分かる場合はそれをメモしました。

歴史は人間がつくってきたものなので政策や事件、文化には意図があります。

それを理解しているかを問う問題もあるので因果関係は是非押さえておきたい点です。

これが分かれば歴史が面白くなり勉強のモチベーションが上がると思います。note

 

 

 あとはどんどん過去問を解いて自分の理解が甘い分野を見つけます!

解きっぱなしにせず、間違えた問題は教科書を読みなおして二度と間違えないように気をつけます。

また、私大入試ではセンターレベルよりも細かい内容を問われることがあるので、

過去問を解いて何処の年代や文化が頻出されているかを研究し、そこを重点的に細かい知識を詰めることもお勧めします。

 

以上が私の日本史勉強方法のアドバイスです。

この受験直前期は落ち込んだり、不安になったりすることもあるかも知れませんが、

今までやってきたことを信じて体調管理を万全に試験に臨んでくださいsign03

以上、日本史でした。

 

次は、、、 世 界 史 です!

 

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年01月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆