n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2016
01/04

入試応援メッセージ 英語(筆記)

こんにちは!ふーちゃんですconfident

いよいよセンター試験まで2週間を切りましたね!
今日から毎日掲載の入試応援メッセージ、1日目は英語(筆記)です

英語は南山の入試に必須な科目なので、
入試間近ではありますが読んでみてくださいね!


英語(筆記)に限ったことではありませんが
入試では時間配分が大事になってきます!


配点の高い後半から解く、苦手なところから解く、得意なところから解くなど、

それぞれの大問ごとにかける時間+見直し10~15分を目安に

自分なりの解き方を決めてそれに慣れておくのがおすすめです!

自分のスタイルを持つことで、落ち着いて問題が解けるようになると思いますflair


皆さんこれまでたくさんの模試を受けてきたと思いますが、見直しはちゃんとしていますか?

模試は得点に一喜一憂するためのものではありません
「ここの答えはこうだったのか」だけではなく、

なぜ自分は間違えたのか?なぜ他の選択肢はだめなのか?

自分の苦手なところはどこか?をしっかり振り返り、

それを元に試験対策をすることが大事だと思いますrock



これは模試だけでなく、参考書や赤本、問題集でも一緒です。
正答だけを見るのではなく、
他の選択肢までじっくり復習してくださいpencil

 

南山大学の英語(筆記)で鍵になってくるのは文法・語法問題です。

過去問や赤本を解いたことがある人はわかるかもしれませんが

センター入試や等に比べ、一捻りした問題が出ると思います。

 

たとえば、「話す」という意味を表す英単語は、

talk, tell, speak, などがありますよね。

それぞれのニュアンスの違い、使い方の違いはしっかり区別できていますか?

 

暗記したまま・・・なんとなく・・・だけでは解けないような問題が出てくることが多いので、

文法・語法問題はしっかり復習してから挑みましょう!


最後に、英語で一番力になるのは語彙力だと思います。

とにかく単語を覚えましょう!

単語なら、通学の交通機関の中や、
寝る前の少しの時間など

空き時間で出来るので一語でも多くしっかり覚えて試験に臨みましょうchick



あとは当日焦らず、今までの勉強に自信を持って取り組むことです
わからない問題があった時は、

パニックにならず思い切って次の問題にいく方がいいと思いますtulip



皆さんが勉強の成果を出し切り、南山大学での大学生活を楽しめるように応援していますpresent

明日は 英語(リスニング) です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2016年01月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆