n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2015
10/30

中国旅して三千里 草原編

こんにちは!法学部の ののです。

今日は、私が夏休みに行った中国大旅行についてレポートしますwink

夏休みの末期、8月28日から9月7日まで中国を北に横断してきました!

この船は蘇州号。これに乗って日本海を2日かけて横断します!

IMG_4200.JPG

2日かけてたどり着いた中国・上海。ここで入国審査をします。

 

わたしは今回、奔流中国というNPO団体の企画する旅行に参加しました。行先はなんと内モンゴル!目的は・・・・乗馬です!!

なんでこのツアーに参加したかというと、残り少ない自由な夏休みで、誰も行ったことのないような場所に行き、テレビでしか見ない隣国の真の姿をこの目で見てみたかったからです。

経済成長、大都会、雄大な自然、巨大な遺跡・・・・どれが本物の中国なのか?

中国とはどんな国なのか。その好奇心を胸に、旅に出発します!

 

    東大・同志社大・立命館など、 日本全国から25人の個性的な大学生が集まり、寝台列車で草原へ向かいます。東海地方からの参加は私1人(笑)

 

 

 

丸1日かけ、翌日の5時半にフフホトにたどりつきます。この時点で移動距離は3465キロsun

フフホト、という町について昔ながらの街を想像していたんですが  今のフフホトはネオン輝く大都会です。

フフホトの街を歩いていて見つけたどこかでみたようなキャラ。

FullSizeRender.jpg

・・・・・・天空の城の誰かにそっくりとか言ってはいけません(笑)

 

 

そして大草原へ。遊牧民の方々が出迎えてくれました。彼らと一緒に、草原を馬で走破します!

慣れない手つきながらも馬に乗り、何とか3日かけて120キロを疾走。途中で1回落馬しましたが、大きなけがなく無事に目的地であるチンギス・ハンの遺跡にたどり着きました。

IMG_4602.JPGIMG_4627.JPG

 

遊牧民の方々にお別れを言い、再びフフホトへ帰ります。

そして寝台列車で北京へ。

この草原で過ごした3日間は、私の人生で最も濃密の3日間になりました。中国の雄大さと、草原の厳しさと美しさ、中国の文化と多様性を再認識しました。

 

遊牧民の方々を見て一番驚いたのが、皆さんふつーにスマホも車も持っていたことです。マサイ族がスマホを持つ時代ですから珍しくないはずなんですが、やはり驚きました。

近年、遊牧民の暮らしも多様化し、純粋な遊牧生活を営む人も少なくなっているそうです。定住化が進んだことにより地下水源がだんだん枯れ、

遊牧民の居住区や草原はどんどん少なくなっているとか。人間が人間の生きる環境をゆがめるほどの力を手にした今、その力の使い方次第では1つの文明や文化を破壊することも難しくありません。私たちの世代では、環境問題や人間のこれからの在り方についてよく考えなければならないと思いました。

 

次回は北京編をおおくりします!

 
 
 
 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年10月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆