n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2015
09/16

〈奥村・藤井研〉モノづくりって面白い!!

こんにちは!!

理工学研究科のちなつです。

今回はお隣の研究室である奥村・藤井研究室の後輩が

是非みなさんにモノづくりの面白さを知ってほしいということで

記事を書いてくださいました!!shine

 

それでは!どうぞ!up

 

初めまして、理工学部3年生山本福岡です!

 

この記事は、

大学進学を考えている高校生の方々に読んでいただけると思うので、

南山大学に進学することになり、

理系学生となった時のイメージが出来るようにお話をします!paper

その話をするにあたって

僕たちが所属している研究室についてお話をしていきたいと思います!

 

僕たちは、奥村・藤井研究室に所属しています。

今回は奥村・藤井研究室で盛んに行われている

モノづくりについて紹介します。

 

モノづくりといっても、

なんでも好きなものを作るわけではありませんdespair

 

作るのは、研究室(機械電子制御工学科)で学んでいる内容と関連のあるものですpencil

 

奥村・藤井研究室では通信工学や、電磁気学

を学ぶ対象としているので、

これらが関わっているものを作りますbook

 

僕はまだこの研究室に配属されてからあまり経っていないので、

たくさんモノづくりをした!というわけではありませんが、

それでも、ゲルマラジオスピーカーオペアンプなどを

研究室のみんなと作りましたnotes

 

奥村・藤井研(2).jpg

奥村・藤井研(3).jpg

奥村・藤井研(1).jpg

 

上に出ている画像はすべてオーディオアンプなのです!happy02

アンプと言えば中には何百万円もするものがあったり

とても奥の深い世界なのですが上の画像のアンプは

300円作れてしまうものなんです!shine

 

実際に上ふたつの画像のアンプは300円で作れてしまいます。

それなのにしっかりと音がでます…笑

下のアンプは少し材料代が高くついてしまいますがそれでも

5000円程ですdollar

 

奥村・藤井研(10).jpg

 

それなのに肝心の音質は…music

10倍の値段のアンプと言われても信じてしまうくらい音がいいのです!

 

作る過程での凄く細かいハンダ付け回路の組み立てケース加工

一度は組み立てしたけれど音がならなくて、

どこが悪いのか何時間も考えたり…wobbly

大変で分らない事だらけでしたけれど、

研究室の友達と考えあったりして全員が一つずつ

オリジナルのアンプを作る事が出来ました!note

 

スピーカ写真1.jpg

 

スピーカ写真2.jpg

 

スピーカ写真3.jpg

 

つぎは僕たちが実際作ったスピーカーです。shine

スピーカーというものがどんな原理で音が出ているのか、

中の構造がどうなっているのかなどは知るはずもなく、

普段家で音楽を聴く時に、音楽を流す機械として

当たり前のように使っていましたが、

一から作るとなると材料や部品も全て自分で調達して、

どんな構造でどのように組み立てるのか調べる必要がありましたbook

 

奥村・藤井研(8).jpg

 

でもその過程がとても楽しかったです。

書籍やネットpcでスピーカーを作るにはどうしたらいいか調べ、

研究室の仲間と一緒に部品を求めて大須に買い物に行きbicycle

どの部品が求めている部品なのかあれやこれや言いながら探したり、

スピーカーの箱となる木材をホームセンターで買うのですが、

下調べしてきた木材とは違う素材の木材を選んでしまったりwobbly

カットしてもらう寸法も直前で間違ってないか不安になり

もういちど計算し直したり…笑wobbly

 

奥村・藤井研(11).jpg

 

材料部品を揃え、いざ作成となっても分からない事がたくさんあって

つまずいたりするのですが、

研究室の仲間同士で教え合い、

なんとか完成させることが出来ました!shine

 

奥村・藤井研(9).jpg

 

奥村・藤井研究室では、このように様々なモノづくりをやっていきますsun

スピーカーを音楽機器に接続して音がちゃんと出るかチェックのとき、

もし音が出なかったら最悪だ…thunder

とか考えてましたが、

無事に音が出た時は感動しました!shine

一から自分で作って、実用できる物にできたわけですから笑

 

この記事を読んで、

モノづくりを通じた勉強の楽しさを少しでも分かってもらえたら嬉しいです。

ただの勉強とは違って完成後に「もの」が残りますflair

 

奥村・藤井研(7).jpg

 

実際に僕たちが作ったアンプは家で大活躍しています。

そして完成したあとの達成感

これは体験しないと分からないんですけど、

 

shine本当に素晴らしいものなのですshine

 

今は自分が作ったモノが実際に動くことで充分嬉しいのですが、

この研究室で得られる知識や経験は、

将来社会に出て、モノづくりをした時、

いろんな人に喜んでもらえる為に必ず活きてくると思うので、

大切にしていきたいですschool

 

読んでくださった方の理系学生となった時のイメージ

少しでもできていたら幸いです!happy01

以上、山本福岡でした!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年09月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆