n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2015
08/07

授業で合宿!

こんにちは!人類文化学科3年のしーちゃんです。

南山の大学生も、7月28日で試験が終わり、夏休みに入りました!

始まりは高校より1週間ほど遅いですが、9月半ばまで休みなので、いろいろなことができますよ。

この記事が掲載される頃、しーちゃんは短期のアルバイトに励んでいるはず。

そして8月後半は、「フィールドワーク」という授業の一環でインドに2週間行ってきます!

この授業では、夏休み中にインドに行くだけではなく、4月からの1年間を通じてその準備やまとめを行うんですよ。

 

というわけで今回は、夏休みに入る前、6月の土日に行った、インドフィールドワークの授業での合宿についてレポートします。

 

大学生で合宿というと、サークルで行うことが多いですが、授業でやることもたまにあるようです。

いったいどこでやるんでしょう?

サークル等で旅行のような合宿を行うこともありますが、今回は南山大学の研修センターを利用しました。

研修センターとは・・・南山大学名古屋キャンパス内にある宿泊施設です。

畳敷きの大部屋や広々したお風呂があり、意外に(←!?)快適な宿泊施設でしたscissors

 

 

フィールドワークの目的は「調査」ですが、その話はまたの機会に。

合宿では、インドの大学生との交流会の準備・練習や、タミル語の勉強をしました。

歌とダンスを披露し合うのが恒例ということで、「愛を込めて花束を」「ようかい体操第一」を練習したり

s-a歌.jpg

「ネイル体験」「茶道体験」「浴衣体験」の担当チームに分かれて打ち合わせしたり

 

卒業生に来ていただいて、これを覚えて使ったら調査地の村の人たちと仲良くなれる”  タミル語を教えてもらったり

s-aタミル語.jpg

 私たちが行くのは南インドのタミルナード州というところで、タミル語という言葉が使われています。ヒンドゥー語ではないのです。

 

インドに行くときの持ち物や準備、注意事項について説明を聞いたり

 s-a注意事項.jpg

 私を含めて何人かはこれが、初海外です。服装、衛生、予防接種、防犯などはやっぱり気になるところ。

 

 

そして、先生が「また明日!」と一旦帰られた夜には、私たちは次第に迫り来る就活の話や2年の秋に選択するゼミの話、趣味の話題で学年を超えて盛り上がっていました。

この授業の履修生には、2年生・3年生・4年生がいますが、実は偶然にも女子ばかり。夜に恋バナをした人たちもいるかもしれませんね~

 

目的の「調査」とはあまり関係なさそうにみえる合宿ですが、私たちが行うフィールドワークでは、地元の大学生に手伝ってもらって村の人たちから話を聞いたり、暮らしの様子を観察したりします

そのためには、彼らと仲良くなって信頼関係を築くことが大切!

それに、この合宿を通じて、インドに行くんだ!という実感がだんだんとわいてきました。

 

 

さてさて、こうして4ヶ月準備してきたインドフィールドワーク、8月15日には出発です!

楽しみですが、何もかも手探りで不安がいっぱい。。。楽しい2週間が過ごせたらいいなぁ。そのときには、きっと調査も成功しているはず。

帰ってきたらきっと報告の記事を書くと思いますので、楽しみにしていてください!

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年08月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆