n-cast+

南山の先生について

N-Caster:名古屋

2015
06/01

英米の授業!

 

こんにちは!ここのところ慢性的に胃が痛い英米学科のHarryです。

 

今日は英米学科の英語リーディングの授業をご紹介します。担当はこの春から南山大学に赴任された山辺省太先生です!

yamabe.jpg 山辺省太先生

 

山辺先生は愛知県豊田市出身で、南山赴任以前は関東の大学で教鞭を執っておられました。

 

専門はアメリカ文学で、作家 フラナリー・オコナーの文学を中心に宗教と文学との関係を研究なさっています。

 

先生は学生の課題やらアルバイトやらの壮絶な忙しさを理解してくださる、大変慈悲深いお方です。

 

さて、英米学科のリーディングは、1年次はネイティヴの先生と英語漬け、

2年次は日本人の先生とより英語学的な授業を行っていきます。

 

授業のスタイルは担当の先生によって違いますが、山辺先生の授業は学生がじっくり時間をかけて英文を訳しあげ、

先生が文法的な解説をするというもので、

 

教室内の学生全員が発言の機会を与えられる、緊張感のある授業となっています。

 

英語の先生を目指している人には指導技術を学ぶ点でもためになると思います。

 

tx.jpg リーディングの教材

 

英米学科には、リーディングだけでなくオーラルコミュニケーションやライティング、ワークショップなど、

英語尽くしの授業がたくさんあり、

 

授業の出席や課題など、与えられたやるべきことをきちんとやっていれば英語力の向上は必至です。

 

また、さらに英語力を伸ばすために学内のワールド・プラザを利用したり、

留学生さんやネイティヴの先生と気軽におしゃべりすることもできるのが南山のウリですね。

 

私は、これからもこの南山大学という素晴らしい英語教育の環境で、自己の英語力に磨きをかけていきたいと思います。

 

最後に、先にご紹介しました山辺先生は、

 

文学から『人間』について考える、倫理的な学問を展開されます。

 

南山を目指される高校生のみなさんには、英語を読みながら、人間的なことを考えてみたい人におすすめの授業です。

 

この特集が、みなさんが南山・英米に興味を持ってくださるきっかけになってくれればうれしいです。

 

 

以上、Harryでしたm(__)m

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年06月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆