n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2015
06/15

JICAボランティア写真展

 こんにちは、はじめまして!!初めて記事を投稿させて頂きます、法学部法律学科のきょんきょんです・*・:≡( ε:)「南山の学生は面白い!」と思ってもらえるような記事をどんどん書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします♪♪

今回は中部地域出身のJICAボランティアによる写真展に行ってきました!!run

 

みなさん、JICAってどういう団体かご存知ですか?私もこの写真展に行く前は漠然としか知りませんでした。sweat02

 

JICAとは・・・またの名を独立行政法人国際協力機構と言います。外務省の所轄であり、政府開発援助(ODA)を実施しています。発展途上国等の経済・社会の発展に貢献するために活動しています。eye

 事業内容は対象国によって違いますが主に日本の技術を伝えたり、小学校教育をしたり、健康指導をしたりなど様々な面で活動しています。

JICAボランティアには現職参加できるものがあり、20~39歳対象の青年海外協力隊40~69歳対象シニア海外ボランティアがあります。

 

そもそも海外ボランティアを経験して何かいいことあるの…?

 そう思っている人は多いと思います。ボランティアには普段の学生生活やバイトなどでは得ることが出来ない様々なメリットがあります!

様々なメリットとは→

  • ・異文化社会に溶け込んで活動することにより協調性、コミュニケーション能力、語学力の国際感覚を身につけることが出来るscissors
  • ・金銭などの対価を得られない代わりに現地の人から感謝されるbud
  • ・様々な国、年齢の人と出会う機会があるので自分の輪が広がるairplane

 などなど、このほかにたくさんあります。このようなグローバルな人材育成を行うために社員を青年海外協力隊に派遣している企業もあるそうなので、将来のためにも海外ボランティアに参加することはとても良いことだと思います。

 

 

 それでは、写真展に行って私が関心を持った写真を紹介します!

 写真はどれもJICAボランティアの方々が現地の人と共に生活し、働き、信頼関係を築いたからこそ生まれた日常の”素顔”がありとても素晴らしいものばかりでしたshine

 中でも私が興味を持ったのは守屋信郎さんが海外シニアボランティアに参加し、ドミニカ共和国剣道を指導している写真です!!!守屋さんは未来を担う青少年に剣道に取り組みやすい環境を作ってやりたいという気持ちで参加されたようです。日本の伝統文化が他の国の人にも理解されるということは素晴らしいですねyes   

剣道.jpgのサムネイル画像image1 (3).JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 大学生活を有意義に過ごしたいと考えているそこのあなた!eye海外ボランティアを視野に入れることをおすすめします。

以上、きょんきょんでしたー!                     

                                             

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年06月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆