n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2015
04/10

華麗なるジャポニスム展☆

 

こんにちは、のんちゃんです!

今回は先月行った名古屋ボストン美術館

『華麗なるジャポニスム展』について紹介していきたいと思いますshine

 

名古屋ボストン美術館は南山大学とメンバーシップ契約を結んでいるので

南山生は学生証提示で無料shineで入館できますし金山駅のすぐ隣trainにあるため

私は展示が変わる度、大学帰りに寄っていますrun

IMG_9092.jpg

展示は年に数回変わりますが

今は『華麗なるジャポニスム展』が開かれており

約150点のアメリカのボストン美術館所蔵のコレクションが展示されていますnote

ゴッホやゴーギャン、モネ、ムンク、マネ、ドガ、

ルノワール、ガサット、トゥールーズ=ロートレックなど

一度は聞いたことのある有名な画家の貴重な作品

それらを描く際に参考にした日本の浮世絵と見比べて鑑賞できる

とても面白い展示になっていますheart04

浮世絵を外国人の画家の視点から見たり

当時のヨーロッパの社会的背景との関係を知ることにより

今までとは異なる視点eyeから作品を楽しむことができますよsign01

今回、私が特に印象に残ったのはクロード・モネの作品ですhappy01

彼の有名な作品である『睡蓮』のコーナーでは

彼が生涯を通して日本を愛し、

『睡蓮』を描くためにわざわざパリ近郊のジヴェルニーの自宅に

太鼓橋を渡した日本風の「水の庭」を造ったこと

『睡蓮』の中にも浮世絵の構造が取り入れられていることが紹介されており

日本の影響力の大きさに驚きましたhappy02

他にも最近修復作業が終わり、展示のメインとなっている『ラ・ジャポネーズ』

着物や浮世絵柄の団扇が細部まで細かく描かれておりとても鮮やかで美しかったですshine

また、絵画のサイズが約3メートルもあって想像より遥かに大きく見応えがありましたsign03

IMG_0808.jpg

この写真のように、作品を身近に感じられるコーナーも設けられていますよsmile

『華麗なるジャポニスム展』5月10日まで開かれています!

興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいねhappy02hh

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年04月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆