n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2015
01/07

入試応援メッセージ☆国語

こんにちは~!

人文学部人類文化学科2年のちゃんです。

世の中まだまだお正月モードの中、受験生はそれどころじゃないよ!というかんじですよね(> <)

じゃあ大学生は、この時期気楽に遊んでるかというと、そうでもないです。もちろん、受験生よりはずっと気楽で、家でのんびりしたり、旅行に行く人もいます。

でも、集中講義に追われたり、短期バイトを詰め込んでいたり、冬休み明けすぐに押し寄せてくるレポート締め切りやテストにやきもきしたり。

どちらかというと、試験やレポートの心配をしなくていい、2ヶ月もある春休みを待ちわびながらもう一息頑張る時期かなーと思います。

受験生のみなさんも、春からの大学生活を楽しみに、もう一息です!

というわけで、「入試応援メッセージ☆国語をお伝えしますsign01

 

国語は現代文、古文、漢文をそれぞれ勉強しなければならないところがたいへんですよね。

それに困ってるのは受験生の皆さんだけじゃありません。今、私もどうやってまとめたものか困ってます!

悩むあまり、冬のしーちゃんの主食、ミカンの消費が激しいです・・・!

 

 

ひとまず、試験本番での対策から確認していきましょう。

あくまで私の経験談なので、当てはまらない人もいると思います…!

センター試験の国語は、私は古文→漢文→評論→小説の順で解きました。漢文から解く人もいると思います。

センター国語は時間との闘いです。古文20分弱、漢文15分で収めて、残り時間で現代文を解きましょう。

現代文は非常に長い文が出題されることもあるので、本番でどうしても間に合わない!となったら、分かるところを確実に拾って、あとは適当にマークしてしまうのもしかたない、と私は思います。

 

つづいて、南山の個別学力試験についてです。

私が受験した時の南山の試験は、評論一問小説一問、そして古文と漢文の片方選択で、合計3つの大問でした。私は漢文がなかなか難しいと思ったのと、古文が比較的得意だったので、迷わず古文を選択しました。ただ、古文or漢文の選択は試験が始まってから決められるので、問題をちらっと見てから選んでもいいかもしれません。南山の入試種別、科目を確認し、過去問を見て問題の傾向をつかむのもいいと思います。

南山国語はセンターと違い、時間には余裕があるので、丁寧に解いていきましょう。

 

 

つづいて、勉強方法について。

現代文・古文・漢文、どれでも、覚えるべき基本を漢字・熟語帳や単語帳、文法書などで頭に入れたら、あとはとにかく過去問を解いていくのがよいと思います。

センターの過去問でも南山の過去問でも、大切なのは、必ず時間を計って本番のペース配分で解くことと、答え合わせだけでなく解説をしっかり読むこと

では、その上で、現代文・古文・漢文それぞれの勉強法をみていきましょう。

 

〈現代文〉

現代文は暗記で解決しないのが難しいところですが、覚えて潰していける漢字や文学史の問題は確実にとりましょう。南山の個別試験は基本マークシート方式ですが、現代文には熟語等を「書く」問題もあるので気をつけて。

書き取り・読み取熟語から出題されることが多いので、意味や同義語・反義語・同音異義語なども併せて確認しておくといいと思います

漢字の選択問題でも、「――線部1の説明として最も適当なものを選べ」のような問題でも、いきなり選択肢を見たりせず、

漢字なら自力で問題用紙に書き取って、「――線部」でも自分なりの答えをきちんと作った上で、選択肢を選ぶようにしましょう。

 

〈古文〉

文法・単語・和歌修辞・文学史・古典常識をきちんと確認しましょう。

個人の感想ですが、南山の古文は、和歌が出題されることがやや多い印象があります。和歌苦手!という人は和歌修辞を覚えたり過去問を解いたりして和歌に慣れるといいでしょう。

古文も現代文と同様、「――線部1の意味として最も適当なものを選べ」といった問題では、まずは傍線部を品詞分解し、きちんと訳してから、(そして、前後も必要ならば、同じく品詞分解してきちんと訳してから)、最も近い選択肢を選びましょう。

 

〈漢文〉

漢文はやはり、文法と句形をきちんとおさえておくことが大事だと思います。

実は私は漢文まで十分手が回っていなかったので、偉そうなこといえないのですが・・・

覚えるべきものを覚えたうえで、あとは過去問(センターでも南山のでも)を解いて、解説を確認して、知識と経験値を積んでいくのが基本かなと思います。

 

 

以上、いろいろ書いてきましたが、あくまで私個人がやってきて比較的上手くいったかなーというやり方です。

みなさんそれぞれ、自分に合った方法で、あと少し、頑張ってください。

 

受験はとても大事な通過点ですが、

いざ本番!となったら、なんとかなるさ~と気楽に臨んだ方が、意外と上手くいくことがあります。

私はまさにそうでした。

あなたが今やれるだけのことをやったら(たとえ、まだまだ不十分だ、とあなたが思っていたとしても)、

きっと、結果的に、上手くいきますよ!

応援していますsign03

 

 

以上、しーちゃんより、入試応援メッセージ☆国語でした。

次回は、入試応援メッセージ☆日本史です。お楽しみにnote

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年01月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆