n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2015
01/19

フランス語劇★8人の女たち

2014年12月20日(土)に南山大学・フラッテンホールでフランス語劇が行われました!!

今年の演目は、「 8 Femmes 〜8人の女たち〜 」!!

役者、大道具や字幕など、フランス学科で素敵な舞台を作り上げました☆

フランス学科では、毎年12月に、全編フランス語の舞台を披露します!

日本語訳の字幕が出るので、フランス語がわからなくても楽しめる他、

大道具や舞台美術と衣装の華やかさには定評があります

S__16203815.jpg

↑↑↑ リハーサルの写真、豪華な舞台です。 ↑↑↑

S__16203798.jpg

↑↑↑講演後の集合写真です。華やかですよね↑↑↑

 

今回私たちが挑戦したこの「8人の女たち」は、2002年にフランソワ・オゾン監督によって映画化され、

有名なフランス人女優たちを起用したことで、日本でも話題になりました。

今回は上演時間の関係で劇中歌は省きましたが、映画はミュージカル風の仕上がりで、普通に見てもオススメです(*^_^*)

8femmes-1.jpg

↑↑ 宣伝用ポスターです。フランスのトリコロールで格好良くしてみましたshine ↑↑

S__16203817.jpg

↑↑ 沢山のお客さんが見に来てくださりました!

パンフレットやエンドロールなどおもてなしも凝っています ↑↑

 

〜フランス語劇1年間の流れ〜

春学期(4月〜7月)は、決まったフランス語の脚本を講読したり、

映像で舞台を見て、イメージを固め、役者を決めていきます。

夏休みぐらいから、舞台の大道具を作り始め、

秋学期(9月下旬〜12月)から毎週役者の稽古が始まります。

これらは通年の授業として単位を取得することも可能です

S__16203813.jpg

 

実は…

私は役者としては2回目の参加だったので、単位は取れませんでしたが自主的に参加させてもらいました^^

今年は2年生で役者出演で頑張っている子もいました!(*_*)スゴイ!

発音も綺麗で、セリフ覚えも良く、言うことなしでした!

やる気があれば1年生参加も可能です(^O^)

勿論、舞台に立たなくても、大道具やメイク、衣装など、得意分野も活かせます

学科の子にとっては、

留学経験のある先輩や他学年の学生、フランスからの留学生や

先生方と仲良くなれる良いチャンスです♫

ぜひぜひ12月は劇を覗いてみてくださいね♫♫

S__16203819.jpg


フランス学科4年 さくらでしたheart01

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2015年01月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆