n-cast+

部活・サークル

N-Caster:名古屋

2014
04/25

サークル紹介☆アイセック

こんにちはっ!☆みもりんです(^ω^)

新入生の方々は何の部活動やサークルに入ろうか決めましたか?

また、高校生の方は南山大学にはどんな部活動やサークルがあるのかな?と思っている人も多いと思います!

 

さて、今回はアイセックさんのご紹介です\(^^)/ワクワク

アイセックさんから記事をいただきましたーっ!それではどうぞ♫

 

こんにちは!!

アイセック南山大学委員会です。

みなさん「アイセック」ってどんな団体かご存知ですか?

私が所属しているアイセックについて紹介するとともに、アイセックの魅力も伝えていきたいと思います♪

                                                                     

アイセックとは、世界124カ国の国と地域で活動している世界最大級の学生NPO法人で、将来国際舞台でリーダーシップを発揮してゆける人材輩出のために海外インターンシップの運営を行っています。アイセックの海外インターンシップ運営は、海外企業やNGOでの日本人学生のインターンシップを運営する送り出し事業」と、日本企業における海外学生のインターンシップを運営する受け入れ事業」の二つの主観事業によって成り立っています。

 

まずは送り出し事業局の紹介!!

この局では、アイセックのプロモーション活動インターンシップに参加する日本の学生に対して出国前からサポートをしています!

アイセック写真.jpgアイセック写真1.jpg

 

 

次は受け入れ事業局の紹介!!

この局では、写真のように企業に訪問して海外の学生会社に受け入れていただけるように交渉します。

アイセック写真2.jpg

また、海外のインターン生が来日すると日本でその学生をサポートするとともに、休日は名古屋城や動物園などいろんな場所に遊びに行くことができ、海外の学生と交流することもできます!

 

アイセック写真3.jpgアイセック写真4.jpg

それぞれの局で活動している2人の方にアイセックについてを話していただくため、インタビューしましたっ☆!

1人目は、受け入れ事業局で活動している3年生の田邊正義さんです。

 

アイセック写真5.jpg

 

Q.アイセックの活動を通して得たものは何ですか?

A.自分の能力不足を痛感する機会と向上心を得ましたね。事前に企業の状況をリサーチし、海外人材の受け入れという‘商品’が各企業にもたらすであろうメリットをわかりやすく伝えることが1つの交渉の中で求められるのですが、ビジネスマナーからその企業、市場についての事前調査潜在ニーズの特定、そしてプレゼンスキル等、最初はすべてが滅茶苦茶でした。でもそこで初めて勉学の重要性を知り、これらは様々なことに応用出来るので、アイセックの活動が学業へのモチベーションに繋がっています。

 

Q.活動を通して苦労したこと、楽しかったことは何ですか?

A.企業訪問のアポイントが取れない時はへこみますよね。僕はナイーブなので、全然うまくいかない時なんて誰とも話したくなくなります。しかし、企業と契約が取れ、実際に海外の学生がインターンシップ参加のため来日し、「日本に来て、正義と出会えてよかった」と言われると、言葉では言い表せないくらいの気持ちになります。難しい目標だからこそ苦しいこと楽しいことをメンバーと共有していく、その過程に充実感を見出しています。

 

Q.アイセックに入会する1年生へのメッセージをお願いします!

A.‘フィールド’と‘変化’について。僕はブラジルで生活してきた経験から、日本や世界のために何かしたいと思い、日本と世界を繋ぐアイセックというフィールドを選びました。世界に顕在化させるべき日本人の価値・可能性があるのなら、海外の視点を入れることで、日本社会に新たな気付きを与えていきたい、それが僕の起こしたい‘変化’です。みなさんはどんな‘フィールド’を選び、そこでどんな‘変化’を起こしたいですか?もしそれがアイセックで出来そうなことであれば、是非、僕たちと一緒に何かやってみましょう。

 

2人目は、送り出し事業局で活動している冨永麻友美さんインタビューしました。

 

アイセック写真6.jpgのサムネイル画像

Q.アイセックに入った理由は何ですか?

A.私は大学に入る前は、アイセックについて何も知りませんでした。 社会人になる前の大学時代 に、何か自分のためになること、自己成長に繋がることをしたいと思っていたときにアイセックに出会いました、世界とも繋がれる大きい活動や、きらきら輝く魅力的な先輩方の姿を見て、入会することを決めました。

 

Q.アイセックが提供するインターンシップに参加して、得られたものは何ですか?

A.私は1年生の春休みに、フィリピンでのインターンシップに参加しました。そこで得られたのは自信挑戦する姿勢です。英語での仕事や、日本とは全く違う暮らしに戸惑うこともありましたが、何事にも挑戦していき、それを達成することで、少しずつ不安も自信に変わっていきました。インターンシップを通して、何事にも挑戦することから始まるのだと感じました。

 

Q.これからどのような活動をしていきたいですか?

A.海外インターンシップに参加し、今後アイセックの国際会議に挑戦したいと思いました。インターンシップ中に、フィリピンのアイセックメンバーに会う機会があり、多くの同年代の人と話すことができました。世界中にネットワークのある学生団体であるからこそできることですね。国際会議では世界中から学生が集まるので、多くの人と国境を越えて関わることで視野を広げていき、新しい成長に繋げたいです。

 

以上が私達の活動の一部でした。

興味のある方は私達の活動を見に来て下さい!!

 

アイセック写真7.jpg

 

 

私も皆さんと共にアイセックについて学ぶことができましたっ!!

どの部活動やサークルに入ろうか悩んでいる、そこのあなたっ!!!

ぜひ、アイセックに見学に行ってみてはどうでしょうか?

 

以上みもりんでした♪

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2014年04月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆