n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2014
04/11

ゼミの思い出

皆さんこんにちは、今年の3月に英米学科を卒業したRinaです。

名残惜しくも、今回が私の担当できる最後の記事になると思います。

ラストに書きたかったのはやっぱりゼミのこと

2月にゼミ教官のお宅を訪問した模様と、3月の卒業式当日にゼミで集った様子をお伝えして、

私の最終章とさせていただきます。

 

2月のある土曜日、ゼミ教官から卒業Tea Partyのご招待をいただき、

私はゼミメンバー10人と一緒に先生のお宅を訪問しました。

 

運の悪いことに、この日は早朝から本格的な降雪

地下鉄の駅から歩いて先生の住むマンションに着くまでに、みんなそろって手はガチガチ、靴はビタビタ

でもなんとかお部屋にたどり着くと、

先生が”Make yourselves at home!”と言いながらお出迎え!

入ると、食卓に紅茶やケーキ、手造りのサンドイッチなどが並んでいて、私もみんなも思わずニッコリ

キッチンに立たれる先生は、服装も話し方も普段と変わらないのに、なぜか授業の時とは少し違って見えました。

 

写真A.JPG

 先生が買っておいてくださったエクレア。

 

初めは緊張していた私たちもそのうちにすっかりくつろいで、

先生の家族アルバムを拝見したり、壁に飾られた絵画を楽しんだり。

立派な碁盤漫画のフィギュアには先生の意外な面も見たような。

最後には、2年間お世話になったお礼として、先生にプレゼントを渡しました

 

写真B.JPG

 少しぼやけていますが、南山のロゴやゼミメンバーの似顔絵が印刷されたマグカップ

 フォトアルバム

 

気がつけば、いつのまにか夕方に。

帰りの雪道も寒かったものの、心はホカホカいい気分

思い出に残る素敵なひとときでした。

 

そして数週間後に迎えた卒業式

無事に学位記(卒業証書)を手にした私たちは、そろって先生のオフィスを訪れました。

ここに来るのも今日で最後かと思うと、ちょっと悲しい気持ちに。

 

写真C.JPG

 袴やスーツ姿の私たちと、ローブをはおった先生で記念撮影。

 

明日からは誰ひとり一緒の道には進まないけれど、この瞬間の喜びは共有の宝物です。

 

皆さんも近い将来、大学に入ったら、

尊敬できる先生刺激し合える友達を見つけて

大きく成長していってくださいね。

今まで読んでくれてありがとう!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2014年04月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆