n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2014
03/12

合格おめでとうメッセージ☆(人文学部編)

こんにちは!心理人間学科ゆりです♪

今回は人文学部を代表して心理人学科2年生学部の魅力や特色など、いろいろ伺ってきました(^o^)/

体験学習型の授業が多い南山大学心理人間学科。

どんなことを学び、どんな学生生活を送っているのでしょう?

人文学部に入学される方は是非参考ににてくださいね!

 

どんなことを学んでいますか?

一言で言うと、“人間とは何か”について学んでいます。これはこれはとても本質的な問いだと思うのです。

中でも心理人間学科は、理論学習体験学習を統合した学習方法を展開しています。

これは日本で唯一と言える独自のカリキュラムであり、この2つを同時に学べるからこそ発見できる学びがあります。

“人間とは何か” という問いもこのカリキュラムだからこそ模索できるといっても過言ではないと思います。

社会心理学や臨床教育学というような理論学習の授業で人の考え方や人間観を知ります。

その理論学習で学んだことを人間関係プロセス論や人間関係フィールドワークなどの体験学習型の授業で応用することにより、

実際の自分はどうなのか、ということを理論学習で学んだことと自分の関わりとの違いを知り

“人間とは何か という問いに対する自分なりの答えに少しずつ近づけていきます。

 

 

人文学部・心理人間学科でよかったと思う点は?

①でもお伝えしましたが、絨毯教室、つまり机のない教室での体験授業がある点です!

絨毯教室は皆が思い思いの格好をしながら話したり、学んだりできます。 

この授業で行われる体験授業について、詳しくこちら→→

http://www.nanzan-cast.net/2013/08/post-657.html

 

オススメの講義は何ですか?

やはり体験系の授業人間関係プロセス論や人間関係フィールドワークですね。

特に人間関係フィールドワークは学外に自ら行き、1年間を通し体験するので自分と相手

に対して深く学べます。行き先は養護学校や福祉施設などです。

  

④南山大学の好きなところは何ですか?

先生と生徒の距離が近いところです!!

写真も先生(左)と一緒に撮らせていただきました!

ちなみに「独立せよ!」とは社会心理学を担当していただいているT先生からの新1年生に宛てたメッセージです(^^)

勉強に関する質問や日常の相談など、先生方が親身になって聞いてくださいます 。。。。。。。dd。

人文 (WinCE).JPG

将来の夢は何ですか?

家庭裁判所調査官です。

自分の過去の経験から人を支える仕事、特に社会から距離を置かれてしまった子どもをサポートする存在になりたいと考えています。

人は誰かの支えなしでは生きてはいけない。家族や友人など自分を支えてくれる人がいるからこそ生きていける。

そういう存在がいるからこそ道を反れずに生きていける。でも世の中にはそういう支えてくれる存在がいなかったが故に道を反れてしまった子どもたちがいます。

自分はそのような子どもたちにとっての支えとなりたいと考えています。

 

新入生に一言!

とにかく楽しんでください!!

人文学部は特に人との関わりが多い学部です。きっといろいろな人に出会うでしょう。

心理人間学科の人間関係フィールドワークのような学外での体験授業ではなおさら、普通に過ごしていたら出会えないような方々との出会いがあると思います。

その一つ一つの出会いを大事にしてほしいです。その出会いで新たな自分を発見することもあると思います。自分の良い面だけではなく悪い面も見えてくると思います。

そのすべてを楽しんでほしいのです。出会いを楽しんでください。自分自身に対する気づきを得られることを楽しんでください。

ぜひ楽しい大学生活を送ってください!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2014年03月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆