n-cast+

部活・サークル

N-Caster:名古屋

2014
01/20

国際文化サークル The Others

入試シーズンまっただ中ですが、皆さんは体調万全ですか?
冷え症なR i   na  は、 今冬は比較的あったかいなーcatface
安心していたのですが、やっぱり冬は冬ですねsnowsnow(泣)
でもこの寒さを乗り越えたら、サクラサクですよっ!
大学生になったらサー クル・部活動 への参加を
楽しみにしている人も多いはずなので、
今回は、Rinaと同じ英米学科4年のM ina が代表を務めている
有志団体 The Others の活動を少しご紹介したいと思います。

 

 


とある平日のお昼休み、Minaから The Others について
インタビュー形式でお話を聞かせてもらいました。


The Othersって「他者たち」という意味だよね。
 一体どんな団体なの?
                                                                                      

The Others  は学生なら誰でも参加できる国際文化サークルです。
 「他者」に興味をもち、受け入れ、自分の周りで起きている出来事に対して

関心と責任をもつ生き方はナザレのイエスの精神につながります。

その精神に基づきながら、社会に出る前の貴重な4年間の学生生活の中で

自分を育て、豊かな人間になれるようにと希望しながら出会う学生たちと

様々な文化活動をしています。

 

よく耳にする「社会性」とか「協調性」もきっと

こういう他者との交流通じて身に付くものなのね。

そもそも、MinaはどういうきっかけでThe Othersを知ったの?

 

私は南山短期大学(現:短期大学部)在学時代にお世話になった先生を通じて

The Othersの存在を知り、その仲間たちとの友情関係が始まりました。

この友人たちと出会って、それまで自分の成績やキャリアのためだけだった

学生生活が興味深いものに変わり、  大学で学ぶことの本当の意義というものを

考えるようになりました。

その先生はいつも私たちに、学ぶことは、他人に仕えることだと繰り返されます。

またThe Othersの仲間は、イタリア、フランス、メキシコ、エルサルバドル、

ホンジュラスなど世界各国の大学で学んでいて、彼らと2カ月に一度、

"The Others International"という新聞を共に作成・発行しています。

毎年夏になると、北イタリアのアルプスで開催される

トナーレスターテ国際平和文化フォーラム」と呼ばれる

国際会議に参加し、世界の仲間たちと約10日間有意義な時間を過ごしています。                                                                                                                                                                                                                                                 

tonalepicwithoota.jpg

2011年のフォーラムの様子(中央がMina)                                                                            
                                                                                                                                                                                                             

活動の舞台は南山大学にとどまらないのね。国際会議に参加するなんてカッコいいshine
具体的にはどんな活動をしているの? 

 

主な活動として「勉強」や「働くこと」等の意味を分かち合ったり、

国内外における社会問題等を取り上げたりしてその意味について考える

分かち合い」というミーティングの場を週に一度設けています。

今月は「家族」や「知る権利(特定秘密保護法案について)」の

テーマを取り上げました。月に一度の勉強会では、国際情勢や大学生活で学生たちが

疑問に思ったり、心を悩ませたりする様々な課題を一緒に考え、分かち合います。

お昼はみんなで手作りのランチを持ち寄ります。おいしい料理を分け合いながら

みんなと色々な話をするのが毎回、とても楽しみなんですよ。

他にも、愛知県内の老人ホームと障がい者施設を毎月定期的に訪問したり、

文化講演会映画上映会そして卒業生とも協力しながら中南米の貧困に苦しむ若者の

教育支援のためのチャリティーバザー写真展の活動をしています。

 

私、お料理は全くできないけど、勉強会に参加してみたいな♪(笑)
最後に一言お願いします。

The Othersは大学生ならだれでも参加できる分かち合いの場です。

南山大学に入学したら、ぜひ顔を出してくださいね。

最後に、先にも語りましたが私が勉強に意味を見失っていたときに

恩師が教えてくれた言葉を皆さんにお贈りしたいです。                                                                   

勉学をする理由はひとつだけ、それは、人に仕えるためだ

(ロレンツォ・ミラーニ)                                                                            

 

今は勉強や進路に悩む時期だと思うのですが、

皆さんの努力はいつか誰かの役に立つはずなので、

身体に気をつけてあと少し頑張ってくださいね  wink                                                                                                              

P1000598.JPG

2013年の学園祭における展示会の様子

 

 

 

    

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2014年01月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆