n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2013
12/20

入試応援メッセージ☆世界史

 

みなさんこんにちは^^ あずにゃんです

入試応援メッセージ第4弾は世界史です

世界史選択の方は是非読んでみてくださいねnote

 

 

実は私も高校時代は世界史を選択してまして、ものっっっすごーーーーーく苦手でした。

はっきり言って嫌いでした。時代は長いし、国もたくさんあるし、カタカナ多いし。

覚えても覚えてもすぐ忘れちゃうんですよね。

だから全然伸びなくて、模試でもひどい点数ばかりで、最後まで苦労しました。

でも自分に合う勉強法を見つけようと必死でもがき続け、

最終的に結果も出るようになり、ちょっとずつ世界史が好きになっていきましたcatface

なので世界史で困ってる方の気持ち、ものすごくよく分かります。

今回はそんな私からみなさんにちょっとだけアドバイスさせてください!

 

 

☆センター試験の世界史について☆

私はセンター試験の過去問をたくさん解きました。

解いて、丸付けして、間違えたところを覚えるっていうのは基本なんですけど、

このとき、それに関連したことを思い出し、確認していくように心がけていました。

例えば、「パリ条約」って世界史の勉強をしていると何度も登場しますよね。

一つのパリ条約が出てきたら、別の時代のパリ条約と比較してみたり。

他にも「同じ時期には別の国では何が起こったかな?」「どんな人が出てきたかな?」

ってあれこれ思い出してみるんです。

わかんないっていうところに出会えたらラッキーだと思いましょう^^flair

これを機にそれも覚えてしまえば一石二鳥です!

年によって出題範囲も違うので、解けば解くほどいろんな年代の復習もできるのでおすすめですnote

私の場合、無言で世界史を勉強するのが苦手だったので

声に出して、ブツブツ言いながら覚えてましたsmile

自分で自分に教えてあげるような感じで!

世界史をストーリーだと思って、流れを覚えていくと意外と楽しく勉強できますよcancer

あとは、資料集を見ることはとっても大切です!

年表で流れを確認するのはもちろん、絵や写真なども覚えておくと良いと思います。

やはり世界史はタテの流れ も横のつながりも見なくてはいけないので大変ですが

面倒くさがらずにやりましょうbearing

 

 

☆南山大学の世界史について☆

やっぱり大学によって頻出分野は違うと思うので 

過去問をたくさん解いて、傾向をつかむことが大切です。

他の教科でも述べましたが、

いくら模試で点数が取れても、入試で合格点を取れなきゃ全く意味がないのでthink

自分で苦手な分野、特に南山の入試で頻出の分野はしっかりと対策しておきましょう。

私の場合、専用のノートを作ってまとめ、何度も見直していました。

 

 

最後に。

時間かけてもどうしても覚えられなくて焦ることってあると思います。

でもだらだらやってても覚えられる訳じゃないですよね。

いかに集中して、確実に覚えられるかが大事だなって思います。

一回で覚えられなくても何度も繰り返しましょう。

私も世界史全然できなかったんですが、センターぎりぎりまで粘って初めて納得いく点数が取れ

一般入試まで必死で頑張った結果、無事合格できましたcherryblossom

コツコツ頑張ることでだんだん結果はついてくるはずです。

あきらめないであと少し頑張ってください!

 

次回は日本史です!

 

以上、あずにゃんでした~cherryblossom

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年12月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆