n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2013
11/25

とびだせ★京都のまち

こんにちは!るりこです(^-^)

月頭の連休を使って、京都へ行ってきました!

9月に行った、衝撃の日本文化学科・細谷ゼミ合宿 (←当時の記事に飛べます)から約1ヶ月半、またどうしても来たくなってしまったのです(笑)

町屋を改造したオシャレカフェから世界遺産まで幅広く観光しましたので、興味のある方はつづきからどうぞ★

 

さて、今回の旅の決行理由は次の3つです!

  1.合宿が楽しかったことを友人に自慢しまくった→京都行こう

  2.生湯葉が無性に食べたいと友人が言い出す→みんな生湯葉食べたくなる→京都行こう

  3.森見登美彦作品によく登場する「下鴨神社」を見てみたいby私→京都行って叶えよう!!!

こうして名古屋をとびだし、朝から京都行きの電車に飛び乗ったのです(^-^)

電車.png

↑はしゃぐまーこ氏(同じくN-caster)とゼミの課題を読むわたくし(宿題は早め早めにやりましょう)

ちなみに読んでいるのは森見登美彦著『宵山万華鏡』です♪

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

さて、京都に着いた我々がまず向かったのは、生湯葉を食べられる食事処!!!

2時間半電車に揺られたのでちょうどいいお昼時…予約なしで入ってすみませんでした←←←

foodphotos.png

女将さん1人で切り盛りする老舗で、女子大生4人おしかけ焦らせてしまいました…

が、我々はあまりの美味しさに涙を流しながら食べました

下調べで得た情報を上回る美味しさでした!!!

目の前で料理を作ってくださるのを感謝の思いで眺め、絶対また来ようと決意し店を出ました(((;∀;)))

 

お次は、料亭最寄りのバス停から見えたため、興味深々で立ち寄った晴明神社

晴明神社.png

五芒星の描かれた鳥居につい思い出す、大好きな野村萬斎さんのあの映画…!(グッズたくさん売ってました)

実は野村万作さんも萬斎さんも大好きな狂言好きであります。

そしてわたしは萬斎さんのことが、主演舞台のDVDを揃えて何度も見返すほど大好きです。

参拝は、もうほんと盛り上がりましたよ(迫真)←

seme20131107.png

「晴明井」とかかれた井戸からは湧水がでており、千利休が茶の湯につかったお水だそうです(^-^)

そして萬斎さんとは似ても似つかぬ晴明像(失礼)とパワーをくれる巨木ユニークな顔をした友人T狛犬ちゃんなど、境内はとっても楽しかったです★

近隣のどのお家にも五芒星のお札が貼られていたのも印象的でした(^O^)/

 

お次は、京都の知人がお勧めしてくれた町屋を改造してオープンしたパンケーキ専門のカフェ★☆★

町屋の造りは、資料等でみたことはあっても本物は初めて…面白い!!!

righnebeck.png

パンケーキは!!!!!ふわっふわ!!!!!!

もう生湯葉といいパンケーキといい、美味しすぎて本当に幸せでした!

注文したのはキャラメルバナナパンケーキです(*^_^*)

落書きノートに旅の軌跡を残し、次の目的地へ☆

 

1ヵ月半前も訪れた四条河原から祇園四条方面へ☆

懐かしの鴨川をもう一度わたります。

鴨川.png

鴨川は、大好きな森見登美彦氏の作品にほぼ毎回登場する川です!

バスの車窓からは『四畳半神話体系』の「小津くん」が飛び降りた橋の欄干が見え、一人感動していました。

行く先は、ゼミ合宿の際に初めて訪れた、こちら!都路里!!!!

shimotsukitsujiri.png

前回は名物「都路里パフェ」をいただいたのですが、2度目なわたくしは11月限定メニューの「霜月」をいただくことに!

抹茶ほうじ茶玄米茶それぞれの味のカステラ・寒天・アイスが入っており、物凄く美味しかったです!!!

天高く我々も肥ゆる秋、とつぶやき、ちょっと漬物をお土産に買って(一応女子学生4人ですよ)、最後の目的地へ。

 

最後は、ついに、念願の、、、下鴨神社です\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

・・・・・・・といいたいところでしたが予想以上に都路利から下鴨神社への道のりが遠く、境内には入れる時間に間に合いませんでした↓↓↓

    下鴨神社:世界文化遺産

                   超広大な敷地面積を持つ縁結びの神社

           森見登美彦氏の作品の登場人物らの青春の原点ともいえる場所

                         大学生のうちに訪れておきたい!と思っていた場所→ショックは大きかった…

締め切られた門につかまり、「入れてくれよぉぉ!!!」と叫ぶ私(森見登美彦氏への愛情から)

締め切られた門の外から「縁をください。縁を」と唱える友人ら←

しかし数分後、駐車場を歩いてたら正門を発見。←なぜ我々が裏門にいたのかが未だに謎

下鴨神社.png

我々「!!!!!」←豪奢過ぎて思わず閉口

念願の縁結びの神様に賽銭することも叶い、直後現れた修学旅行生の大群から逃げるように境内をあとにしました。

広大な糺の森を抜け、旅の終わりを感じるころに、再び「小津くん」のとびおりた欄干を見ました。

「小津くん」は何でも全力で楽しんでしまう「阿呆な」大学生です。なんだか今の自分と被ってしまい。。。

ずっと大学生でいたいよーーー!!!!と叫びたい気持ちでいっぱいでした…(切実)

 

今回も長文でお届けしました、いかがでしたでしょうか???

3年生の秋に決行できて良かったと思えた旅でした(*^_^*)

最後に、晴明神社のパネルではしゃぐ旅のおともたちを載せておきます(笑)では以上、るりこでした☆

パネル.png

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年11月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆