n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2013
11/27

4年間の時間割!

こんにちは!心理人間学科4年、ジャスミンです!

めっきり寒くなりましたね(´△`)

さて、大学生は自分で自由に授業の時間割を組み単位を取得するということをします。

「そんなこと知ってるよ」という方、たくさんいらっしゃると思いますが…

そもそも、単位って何?!よく聞くけどわかんない!イメージできてるようでできてない!って方も多いのではないでしょうか?

今回は、大学4年間を、どんな時間割と共に過ごしていくのかについて紹介していきます☆

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ 

まず、単位とは一体何なのでしょうか…

ポイント、と置き換えて考えると分かりやすくなるかもしれません。

 

南山大学では、春学期(4月~)秋学期(9月~)という二期制を採っていて、

各学年、この半年ずつで授業を受け、期末に課される試験またはレポート等によって、成績がつけられます。

「この授業を半年受けて、試験に合格すれば2ポイント!」⇒2単位取得

「この授業を半年受けて、レポートが評価されれば3ポイント!」⇒3単位取得

といった具合で、半年ごとに単位(ポイント)が貯まっていきます

 

そして4年間、私の所属する人文学部の場合(学部によって若干差があります)は

128ポイント、すなわち128単位を取得する必要があります。数字だけ見ると果てしないですね…(゜д゜)

でも、きちんと計画を立てて過ごせば、しっかり128単位を取ることができるのです!

 

ではここで実際に、私が4年間で過ごした時間割を大まかに紹介していきます☆

1年生

1年2.png

緑色が学科の専門授業、黄色がそれ以外に受ける必要がある授業です。

テーマ科目、というのがいわゆる一般教養の授業で、学部学科を問わず受けることができます。経済学の基礎から、音楽の授業まで様々!

語学の授業も1年生は必須で、更に必修のもの以外にもいくつか履修する必要があります。

英語の授業、と一口に言っても様々な先生が、それぞれの形で授業をしていらっしゃるので飽きませんよ´ω`

なお、表には「中国語」とありますが、英語以外の言語は他にもドイツ語、フランス語などいくつか選択肢があります。

 

表の中にカッコで示した数が、その授業で得られる単位数です。

表記のないものは全て2単位です。

この1年生の時間割では春学期で22単位秋学期も同じく22単位。ここまでで44単位を取得しました。

 

 

2年生

2年.jpg

 

「キリスト教概論」なるものが出てきましたね。1年生の春に宗教論というのもありますが、

ミッションスクールである南山大学では、宗教にまつわるこの2科目が、学部を問わず全学生必修となっています。

それから「人間の尊厳」という授業は、キリスト教の考え方に基づいた南山大学のモットー「人間の尊厳のために」にちなんだもので、

簡単に言えば一般教養にこの「人間の尊厳のために」という観点をリンクさせた授業です。これも南山ならでは、ですね!

2年生になると、1年生よりも格段に学科の専門的な授業が増えてきて、とてもワクワクします♪

春学期で19単位、秋学期で21単位。合わせて40単位、累計で84単位を取得しました。

 

 

 

3年生

3年4.png

春学期で21単位秋学期で14単位ぶんの時間割です。一気に単位数が減りましたね。

秋学期では、授業のない時間帯がかなり増えています。

 

そう、授業がない時間帯をつくることができるのも、自分で時間割を作っているからこそですね!

空いた時間には、レポートを仕上げたり友達と一緒に近くのカフェに行ったり

特に4限に授業がない時は、いつもより少し長くアルバイトをしたり

自分で好きなように過ごすことができます♪

 

インターンシップ研修での2単位も合わせて、3年生までで累計121単位を取得しました。必要な128単位が見えてきましたね!(`・ω・)」

 

4年生

4年.jpg

更に授業が少なく!週に2回しか授業のない時間割になりました。

今後、就職活動の時期が変わるので何とも言えませんが、私の場合、春学期にあたる時期には何度か企業の面接に行っていました。

これだけ授業が少なかったので、大切な授業と採用面接がバッティングしてしまうという事態を最小限に抑えることができました(^o^)

4年生の秋は、いよいよ卒業論文に向けて本腰を入れる時期です…私は今まさに、ですが(笑)ひたすらパソコンやデータと向き合う日々です。

もちろんそれだけではなく、サークル活動アルバイトも変わらず行っていますが、じっくりと自分の学びと向き合う期間を過ごしています。

 

春学期で6単位、秋学期で5単位。加えて夏休み中に、だいたい1週間、毎日授業を受けて学ぶという集中講義を受けたので、これが2単位ぶん。

更に卒業論文をきちんと提出すれば4単位

1年生の頃からの単位を全て合わせると、138単位!基準の128単位クリアすることができました~!\(^o^)/

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

もちろんこれだけで卒業、となるわけではありません…

卒業論文を書いて提出しなければ、どれだけ単位数が足りていても、卒業することはできません

また、例えば語学は必須8単位+自分で選んだ4単位を持っていないといけない、といった少しややこしいルールがいくつかあったりします…大変。。。

大学生は皆、時間割登録の時には単位の計算に躍起になっています(笑)

 

ご紹介した時間割でもそうでしたが、大半の人は

1・2年生でたくさん授業を受け、単位をたくさん取得する傾向にあるみたいです。

空き時間は細々とあるのもいいですが、やっぱり自由な時間をまとめて取れるようにするというのも、大学生活の楽しみ方の幅を広げてくれるのかもしれませんね…☆

 

 

おまけ:文字ばっかりになってしまったので、11月の学内の景色をお届けします(´ω`)

DSC_0030.JPG

いい青空ですねー☆

 

 

いかがでしたでしょうか?

なんとなく知ってるようで知らない、大学生活の過ごし方をお見せできたかな、と思います!

それでは以上、ジャスミンがお送りしました~(‘Θ’)ありがとうございました。

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年11月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆