n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2013
10/02

インターン体験記@アート分野

こんにちは!外国語学部フランス学科のさくらです。

わたしは今年の夏休みに、ちょっと変わった(?)、アート分野でのインターンシップを経験しました!

今回の研修先の徳島県や大阪府の写真も紹介しながら報告します!!

フランスでの語学留学から帰国後、自分の興味のある分野(=アートマネジメント分野)でもっと勉強がしたい!!

と思い立ったわたしは、とあるアートNPO団体にインターンシップ(研修と無償のお手伝い)を申し込みました。

そのNPO団体のいうのが、アートアーカイブやキュレーションなどを行っている団体です。

といっても・・・それって一体何??と思う方が多いと思いますが、

アーティストさんのプロジェクトのお手伝いや記録、小さなギャラリーでの展覧会に携わったり、海外からアーティストを招いて企画をしたり・・・多岐にわたっています。

今回のわたしのお仕事内容は、大阪のアートセンターで行われた団体代表の方のシンポジウムのお手伝いや、

徳島県の神山町で、アーティストさんと地元の子どもたちによるワークショップのお手伝いでした。

kamiyama3.jpg

↑ワークショップで作った作品の一部。徳島特産のすだちが見えます。

 

その他にも、名古屋の伏見にあるギャラリーで、アーティストさんのお手伝いをしたり、名古屋の企画のお手伝いとして携わっています。

自分の専門は、フランス語やフランスの文化政策や芸術文化ですが、

実際に自分が一番やりたいことを、自分で体験することが、何よりも勉強になっています。

今回わたしが紹介したような分野でも、やる気と情熱があれば、なんとか飛び込んでいけるということも、よい経験になりました。

sikoku1.jpg

↑初めて四国に渡り、感動しました。

 

大阪では、商店街や下町で町を活性化する拠点となっている施設などを見て回ったり、oosaka1.jpg

↑大阪、此花区の橋で偶々見つけた、アートプロジェクトの一部。

この壁画のおかげで、夜も明るくなった、と通りがかりのおばあさんから伺いました。

 

taki1.jpg

↑カナダから招かれたアーティストさんたちと、徳島では滝を見に行きました。

 

徳島では、とある美術大学のインターン生の方と関わったり、地元の方との交流があったりしました。

もちろん、自分には、フランス語と英語が少しできるという以外には、専門知識も資格もなく、

インターンをさせて頂いても、本当にお手伝いしかできず、心苦しいときもありますが、

自分が本当にここで勉強したいんだ、というやる気を訴えると、

アーティストさんを始め、キュレーターさんや、関係者の方々が、色んなアドバイスをくださって、励みになりました。

kamiyama2.jpg

↑森の中に点在する作品を見つけながら歩くのも楽しかったです。

 

大学を選ぶ際に、今までに卒業された先輩方の進路を参考にすることがあるかもしれません、

けれど、本当に自分が進みたい場所というのは、自分で切り開いていけるものだということを、自分の身で知りました。

やる気があればできる!!ということは、思ったよりもたくさんあります!(笑)

みなさんの進みたい将来もきっと、自分で切り開いていくことができるので、いろんなことに興味をもって、大学生活を送ってもらえたらよいかなあ、と思います。

これからもわたしは、大学に通いながら、できる範囲で経験を積んでいきたいと思います。

好きこそものの上手なれ、を励みに頑張って行こうと思います。

色んな分野でのみなさんの活躍も楽しみにしています!!!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年10月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆