n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2013
07/15

交流会館ライフ~瀬戸キャンver.~

こんにちは! 初めまして、     りか~る     です! 初記事なので、緊張しています(^▽^)ガクガク 

さてさて、私は1年の春から、瀬戸キャンパスの「交流会館」に住んでおります。     

留学生と一緒に住むってどんな感じなのか?note                                                                   

名古屋の交流会館との違いにも触れながら、それをテーマに記事を書いてみたいと思いますhappy01                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

まず、 交流会館 とは、ざっくり言うと「留学生と日本人が一緒に住む寮」です。

寮全体では50人くらいですが、平均して3~4人で1つの部屋を共有するのは、両キャンパスとも共通ですsun 

しかし、名古屋の交流会館と瀬戸の交流会館では、留学生達の出身地域と日本滞在期間が異なります。                                

欧米(特にアメリカ)からの留学生が多い名古屋に対し、瀬戸ではアジア(特に中国)からの留学生がほとんどです。瀬戸での共通語は日本語です。                                                                                  

外国語学部や留学生別科がある名古屋キャンと、アジアに着目している瀬戸キャン(総合政策学部)の違いが現れているといえます(^^)/ 

先日は、そんな両交流会館の寮生が集まって、パーティが行われましたhappy02                                   なごきゃん×せときゃん1062602_10201502746194628_1823397638_n.jpg                                                                                                                                                                                                                                                    

す、すいません・・ もっと楽しそうな雰囲気が伝わる写真があれば良かったんですが汗                                          

瀬戸主催だったのでアジア系が多いですが、欧米系留学生と、アジア系留学生が混ざっているのが見て伝わると思います。 世界が小さく凝縮された感じがして、パーティは楽しかったですよhappy01

☆☆☆

名古屋と瀬戸、どちらも良いところがありますが、私は瀬戸で良かったですhappy01

一つは、瀬戸4年間日本に居る長期留学生がほとんどなので、比較的長い時間を一緒に過ごせて、より深くお互いを知ることができます

裏を返せば、半年や1年間の短期留学生が多い名古屋では、メンバーの入れ替わりが激しいため、より多くの出会いの可能性があるのが魅力といえます。     

                                                                                 

しかし、この「深くお互いを知る」ということは大事だと思うのです。                                                        

なぜなら、本当の国際交流とは、そんな難しい話じゃなくて、 「留学生と日本人」の関係以上に、「人と人」の関係が大事だと思うからです。                                                                                 

交流会館の大変さであり、かつ魅力なのは、「文化の違い」以上に「他人と暮らす」ことだと思います。                                

掃除の仕方、お風呂の使い方、深夜のテレビの音量・・・ 国の違い以上に、他人と自分の習慣・価値観は違うものです。                                                                                                                              交流会館は「シェアハウス」ですが、ドラマのように、素敵なワンダフルライフではありません。 

                                                                                                    瀬戸で良かったと思う二つ目の理由は、寮のメンバー、特に今のルームメイト達に出会えてよかったと思うからです。

                                                                                                    そんな瀬戸交流会館ですが、ただ今日本人絶賛募集中です!happy01 

日本人入居者倍率が高い名古屋と対照的に、瀬戸では、寮に居る日本人が少ないため、留学生の中には、日本人と住みたくても住めない人も居るほどです。                                                                                       

この記事を読んでくれた貴方が、少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです(*^v^*)                                                 最後まで読んでくれてありがとう^^                                                                               ↓写真は、去年のルームメイトの誕生日。ケーキ×麻婆豆腐(中国人留学生が作ってくれました笑)                                    DVC00008.jpgのサムネイル画像                                                                                                                                                      あんにょん(^-^)/                               

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年07月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆