n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2013
07/29

フランス滞在記~リヨン~

お久しぶりです、さくちゃんこと、さくらです(*^^*)

フランス留学記……ということで何を書こうか悩んだのですが(^^;)

素直に感じたことを、写真を交えてお伝えしたいと思いますnotes

 

私はフランスの南東部に位置する リヨン という街に8ヶ月間、語学留学をしました。

フランスというと、shineのイメージが真っ先に浮かぶ方が多いかもしれません(*_*;)

しかし、リヨン はパリとはまた趣の違う街で、フランス第三の都市です。

リヨン.jpg

イタリア・ルネサンス風の明るい色の建物が残り、美食の街 として名が知られていますflair

 

観光名所は、街を見守るサン・ジャン大聖堂、丘の上に真っ白に輝くフルヴィエール聖堂

4.jpg

12月の光の祭典、観光客が集まる古い街並み(春の中世祭の様子)、など。

 

リヨンに住んでいてよかったheart04と感じたのは、リヨンのひとたちが時間に余裕のある暮らしをしており

私のつたないフランス語でも一生懸命聞いてもらえたことです(*_*;)

時には、心強く頼りにさせてもらったこともありました…!(;_;)

クラス.jpg

また、国籍に関わらず、多種多様な分野で活躍する方々に出会う機会にも恵まれました。

 

フランスや日本で関わった人々、年齢や国籍を超えた関わり、

という見えない力が、私を後押ししてくれましたsun

クラス2.jpg

 

留学する上での目的は、語学力をあげるというものだけではありません。

私の留学は、様々な経験を元に、自らの壁を乗り越えていく機会 でもあると感じました。

壁絵.jpg

(リヨンの街中にある壁絵。中央辺りに、シェフのポール・ボキューズが!)

 

実は、この機会は留学に限ったことではなく、日々の授業、部活動、受験などなど…

どこにでも現れるということに、私は今回の留学で気が付きました。

ピンチではなく、チャンスだと思って自分の壁と真っ直ぐ向きあえば、

気がついた時には乗り越えているdiamondはずです。

川岸.jpg

(リヨンの街並み、ソーヌ川岸から。)

ここまで、自分の留学で感じたことをとーってもdash、自由に書かせて頂きましたsweat01

抽象的な部分が多いですが、これをきっかけに興味を持ってもらえたら幸いです(*^_^*)

以上、さくらでした♪

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年07月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆