n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2013
04/08

ご入学おめでとうございます!

こんにちは!人類文化のさいとうです(*^^*)

新生活のスタート!悩みも様々ですよね?

 

今日はこの春卒業された先輩方から授業の受け方ノートの取り方など

いろいろ訊いてきましたのでぜひ参考にしてみてください!

気になるあなたは続きをクリック!!

情報誌 REAL@NANZAN もぜひ大学生活の参考にしてください(笑)

 

 

 
先輩方に答えてもらったのはこの6つ!
 
Q1 一年生の時はノート取る授業レジュメに書き込む授業どちらが多かった?
                     (↑プリントのこと)
 
Q2 履修に迷った時は何を参考または基準に選んだ?
 
Q3 オススメの文房具ある?
 
Q4 自分流ノートのコツやポイントは?
 
Q5 どんな授業が好きだった?
 
Q6 後輩へメッセージ!
 
 
では6人の先輩方に登場してもらいます!

 

 

1人目 英米学科 K先輩

1.ノートよりはレジュメ。
というか、1年はペンを持つ授業よりは参加して話す&聞く方が多い
 
2.履修案内の講義内容。
 基準は自分が興味を持って参加できるかどうか。
 会話の授業は先生が話す言語(ブリティッシュかアメリカンかとか)。
 あとは時間割の組み合わせがいいもの。
 
3.レジュメをまとめる授業ごとのファイル。リスニング教材を保存するUSB。
 
4.聞いて理解することを大切にして、丁寧に書くことに力を注がない(笑)
 知らない単語や表現の意味は調べて日本語訳は絶対に書かない。
 (英語→英語で理解するため)
 
5.異文化コミュニケーション論、国際経済学とか3年生以降に学ぶより専門性の高い勉強
 
6.第二外国語は本気で学んで、習得する努力をすべき!
 
 

2人目 フランス学科 ひとみん先輩

1 ノートとる授業

2 友人と合わせたり、先輩のおすすめにしたり。
 
3 三色ボールペン
 
4 左に本文、右に和訳 表示
 
5 文法の授業
 知識がつく実感があったから
 
6  とにかくはじめは丸暗記!
 
 
 
3人目 フランス学科 H先輩
 
1  うーん…確か文法系は教科書とワーク使うからノート
 (でも私は面倒くさがりなので教科書に直接書き込んじゃいます。)
 会話表現系はレジュメをもらったかな……。
 
2  ほとんどシラバスを参考に取りましたね。
  興味がない分野は避ける感じ。
  気に入った先生がいると、その人のばかり取ってました。
 
3 文房具とは違うかもですが、電子辞書
  途中で紙の辞書も買ったけど、面倒くさくて全く使わずに終わってしまいました(笑)
 
4 上にも書いたけど、教科書に書き込んじゃう
  ぐっちゃぐちゃになってかなり見づらいけど見返す時にノート探さなくていいから楽
 
5 やっぱり「フランス語実習」でしょう!初めての海外でしたが意外と大丈夫で驚きました。
  なんというか、あれ以来、たくましくなれた気がします。
  ステイ先のお家の鍵をなくしてしまったのが苦い思い出ですが……。
 
6 フランスはとても良い国ですが、行くときは本当に犯罪に注意してくださいね!
 最近は強引な手口もよく聞きますので。
 
 
 
4人目 アジア学科 H先輩
 
ノートに書き込む授業が多かったです!
  外国語の授業では、テキストに書き込んだりすることも多いです。
 
2 やっぱり先輩からの口コミですね。
 あとは、成績の評価方法が「期末テストで評価する授業」が極端に多かったり、「レポートで評価する授業」に偏ったりしていると、
 テスト期間に苦労するので、両者をバランス良く受講するように気を付けました。
 
ボールペンならuniのJETSTREAM 0.5!!
 ヌルヌルした書き心地が最高です(笑)
 
コツ→多くの色を使い過ぎないこと
 
時事問題や、中国語の授業など。
  ただ単に暗記をするだけでは無く、自分自身で考え、自分なりの意見をまとめる授業が楽しいです!^^
 
大学の授業は高校までの授業とは全然違うので、戸惑うことも多いと思うけど、とても楽しいですよ♪
  この「学びの場」でどう過ごすのか、は自分次第です!
  勉強も遊びも充実した学生生活がおくれるよう、応援しています^^
asia2.pngasia.png
 
 
 
 
5人目 経済学科 やっしぃ先輩
 
教養(全学共通)科目はレジュメ配布されるものもあったけど、経済学部の授業はノート取るものがほとんどだった。
  グラフを描いて、動かして覚える!みたいな。
 
2 自分の関心や先生の評判、全体のバランス(たとえば「1週間に国際科目群(※)を最低2コマは取る」とか)を考慮した。(※専門科目を全て「英語で」学ぶ授業です。)
 
3 ルーズリーフ用のクリップ表示
 
4  ・ページを変に分割したりしない
  ・板書を正確に写す(先生の話を記憶から呼び起こしやすい)
  ・文の先頭の位置だけは調整する(本文は見出しより後ろに書く等)
  (表示
 
全部。
 たとえば、自販機で売ってるペットボトルは何故かどこでも一律140円~150円。
 どこか1社が130円で売ったら大もうけできる気がするけど、それをやらないのはなぜ?
 …日常生活に密着しているので、学んだことが役に立つしおもしろい!
 
6 他の学部の授業も取れるので、いろいろ顔を出してみると面白いです!
 経済学部の私と人文学部の友人で経営学部の授業を受けたり、なんてこともありました。
 
 
 
 
ラスト! 総合政策学科 S先輩
 
1 ノート
 
2 教授の話が面白いかどうか
  受けたことない人のは、友達・先輩の評価で判断。
 
3 5色ボールペン。
   シャープ芯も入ってるやつ。
 
4 教授の話をひたすら自分の言葉要約して書く!
  論述系のテストが多いから、授業中ついでに感じたこともまとめてすみっこに書いたりしてた。
 
5 教授の話が面白い授業。
  題材が時事問題とリンクしてる授業。
 
6 大学での学びは答えが一つでないものばかりです。
   授業ただ聞くだけじゃなく、それを受けて自分がどう感じたかの思考力を大切に授業を受けると楽しいと思います。
 
 
 
 
さて、皆さんの悩み解決の役立ちそうな回答はあったでしょうか?
ちなみにわたしは一つのノートにすべての授業をまとめていたので、まとめ術が載っているインターネットサイトを活用していました!
 
4年間は本当にあっという間です。
実りある大学生活を送ってくださいね!
 
 

今日もn-cast+に遊びに来てくださってありがとうございました。

次回の更新もお楽しみに!

担当は、今回をもって卒業の人類文化のさいとうでした。

またどこかで御目にかかれますように。ちゃお♪

 

 
 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2013年04月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆