n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2012
12/05

英語で朗読劇!

寒い日が続きますねぇ。

皮下脂肪が着々と蓄えられています、まーちゃんです(笑)

今私は”英語の朗読劇”の練習で大忙しです。

というのも、今月某日に日本大学で発表することになっているからなんです!

 

この活動は、南山大学短期大学部Presentation in Englishという授業からスタートしました。

今日はその取り組みについて少しお話したいと思います。

 

 

この授業では、英語の短編物語を読み、グループのメンバーと協力して朗読劇に仕上げるという取り組みが行われています。CIMG6074.jpg

これが使っている教材です!

読み込むほどに劇での演技にも物語の奥深さが反映されてくるので、とてもやりがいがある授業なんですよ♪

 

授業の生徒の中から日本大学でのプレゼンテーションに参加する有志を募ったところ、5人の生徒が参加することになりました!

みんなで東京観光もしてくる予定なのでとても楽しみです♡←

ncast.jpg

物語の中から必要な役者の数ナレーターの数などを考え、それを自分たちの手で配役を割り振り、原稿を仕上げていきます。

こうして自分達で原稿を作ることで、物語の内容をより正確に理解せざるを得なくなります。

そのおかげで、この作業をした後はビックリするくらい英語の読解力がUPしているんです!

 

理解し、自分なりに内容を咀嚼し、それをアウトプットする、その一つ一つのステップが大きな力になっていくんですね♪

 

また、これは朗読劇であるため、最終目標は「観客と内容を共有すること」です。

そのため、私達は「どのような表現で観客に内容を伝えるか」を考えなければなりません。

声の高低、強弱、動作の工夫など、表現力も鍛える必要があります。

 

「いかに観客に伝えるか」を意識しないと、ただの自己満足で終わってしまいますからね(それは悲しい)!

 

本番まで時間は限られていますが、精一杯練習して良い発表が出来るよう頑張ります!!

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2012年12月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆