n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2012
11/05

就職活動座談会★

夏休みの終盤(大学は9月の2週目までお休みでした)、
[みやた[やっしぃ]ゆんちょ]の3人は就活についてのんびり語りました。

 

今回はそのリポートです。

厳しいと言われている就職活動、実際のところどうだったのか
リアルな体験を報告します

 

 就活の大きな流れは おけちゃんが書いてます→http://www.nanzan-cast.net/2012/06/post-520.html

 

一般的には、

企業や自分を知る
 ↓
応募する=エントリーシート提出
  ↓

Web(筆記)テスト
 ↓
面接

という流れになりますが、

「説明会を全然予約できない「書類応募しても全然通過しない」というような
すごく不安にさせる話がよくありますので、そういった点を中心にまとめました。

 

  

 説明会を予約しよう

 

やっしぃ「とりあえず、話の筋とか全然決めてないので、時系列で行きましょう」

 

みやた「本格的に就活始まったのって、10月ぐらいからの『業界・職種研究会』だよね」

 

ゆんちょいろんな業界の企業が沢山来て、その業界のこと教えてくれたね。南山に来てくれるから楽だった」

 

みやた「わたし12月まで何して良いか分からなくてすごく不安だったんだけど、あれで精神的に救われた

 

やっしぃ「12月からは、まずは説明会だね。ゆんちょが記事に書いてた(http://www.nanzan-cast.net/2012/03/post-489.html)けど、学内説明会はほんと助かったね

 

ゆんちょ「ね!ちゃんと座れるし暖かいし(笑)」

 

やっしぃ企業の自社説明会の予約取るのすごい大変だって言うけど、実際大変だった?
あんまり苦労した記憶が無い……」

 

みやた「えーわたしメーカーとか予約取るのすごく大変だった。すぐ埋まっちゃうもん」

 

ゆんちょ「私は結構余裕だった。わたしは銀行と保険を中心に受けてたけど、説明会の回数が多いから比較的余裕を持って予約取れるんじゃないかなぁ」

 

やっしぃ「業界によりけりか。金融は結構、大学ごとの座談会とかやってくれたよね。予約とかいらないから慌てずに済んだあとは説明会を予約して行ってみたら、南山と某国立大学の学生しかいなかったとか…」

 

ゆんちょ「わたしそれ、ほとんど毎回だったわ(笑)」

 

 

 エントリーシートを書こう

 

みやた「説明会が終わったら、次はエントリーシート(企業が自社仕様で作っている履歴書のようなもの)だね」

 

やっしぃ「就活始まるまで『100社応募した』とかそんな話を聞いて戦々恐々としてたけど……」

 

ゆんちょ「エントリーシートは通るでしょ(笑)」

 

みやた「うん、私もメーカーは微妙だったけど、その他はたいてい通ってた。エントリーシートで落ちまくるっていう話はあんまり聞かなかったね

 

やっしぃ「何社ぐらい応募した?」

 

ゆんちょ「うーん…20ぐらいかなぁ」

 

みやた「私結構出したよ。40ぐらい

 

やっしぃ「俺もそんなぐらい。」

 

 

 資格ってそんなに重要……?

 

やっしぃ「あとは…資格のこととかどう?入試相談会でよく聞かれるじゃん」

 

みやた「あー、聞かれるね。私【自動車免許】しか持ってないけど(笑)結局TOEICとか受けなかった(笑)」

 

やっしぃ「ゆんちょは?」

 

ゆんちょ【自動車免許】【漢検2級】【秘書検定】ぐらいかなぁ。」

 

みやた「【漢検】持ってるんだ。わざわざ取ったの?」

 

ゆんちょ「ううん、高校の時に完全な趣味で。範囲も常用漢字だけだしね」

 

やっしぃ「俺は【自動車免許】【英検】【TOEIC】かなぁ。持ってるから一応記入はしたけど、英検は2級(高校卒業程度)だから自慢にならないし、TOEICも2級相当の得点。書類(エントリーシート)に資格を書き連ねなくても通過するわけだから、あんまり重要じゃないって事だよねぇ」

 

みやた「あ、そういえばわたし【イタリア語検定4級】持ってる。面接で必ず『これってすごいの?』って聞かれて…(笑)」
(*その他、みやた氏は日本語・ラテン語・聖書ギリシャ語を操ります。)

 

やっしぃ「先生に、資格は実用性とかじゃなくて『私はこれだけ難しい資格を取るほど粘り強く勉強できるんですよ』というアピールに使う物だから、滅多に取れないような資格じゃないと意味がないって言われてなるほどと思ったなぁ」
(*経済・経営学部ではそんな分析ができるようになる授業もあります)

 

 

 秘密兵器

 

やっしぃ「あと、就職体験記は便利だった。南山の秘密兵器(笑)」
先輩たちが、自分が経験した就活について残してくれた記録です。南山生ならネット環境があればいつでもアクセスできます。毎年追加されていくので、膨大な量の記録が溜まっています。)

 

みやた就活の流れを知るのに便利だったね」

 

ゆんちょ「わたしは面接対策と、志望動機の研究してた」

 

やっしぃ面接対策は重宝したね!」

 

やっしぃ「あと全体を通して思ったのは、友達の大切さかなぁ。他の学部で真面目にやってる人もたくさんいるから、例えば情報理工学部の友達にIT業界について解説してもらったりもしたよ。」

 

みやた「あぁ、『REAL@NANZAN』の編集会議のあと、ご飯食べながらやってたね(笑)」

 


 

分からないと不安になりますから、少しでも高校生の皆さんが持つ、就活についての不安を解消できれば考えこの記事をまとめました。
……みなさん少しでも不安解消できましたか?(笑)

おけちゃんが言っていますが、
充実した大学生活がとても重要です!


高校生の皆さんもぜひ、南山に入って充実した楽しい大学生活を送ってください!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2012年11月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆