n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2012
08/06

おすすめ本紹介!

 

暑い日が続きますねー!

完全なインドア人間まーちゃんです。

まあ、結局屋外も屋内も暑いことには変わりないんですけどね(笑)

しかし皆さん、こんな季節こそ読書ですよ!←

額に汗して愉快な本を読もうじゃありませんか!!

ただでさえ暑い夏をさらに暑くするような、素敵な本を一冊紹介したいと思います♪

私のおすすめ本はこちら

森見登美彦「太陽の塔」です!!!太陽の塔.bmp

2003年「日本ファンタジーノベル大賞」に輝き、一気に「森見登美彦」の名を世間に知らしめた作品です。

私がこの作品に出会ったのは中学時代だったのですが、こんなにも痛快な小説があったのかと衝撃を受けました(笑)

今でも心が弱っている時や疲れた時などに読んで、元気をもらっています。

 

堅苦しい、いかにも”詭弁家”らしい口調で語られるこの小説の実態は、爆笑間違いなしの青春手記なんです。

冬の京都を舞台に、失恋した男子大学生の不毛な日々がひたすら記されております。

とにかく登場人物の個性が強烈で、台詞の1つ1つや行動にいちいち笑いがこみあげてきます。

絶対に電車の中では読んではいけませんよ!!笑

クスクスなんてもんじゃありません。

本気で涙が出るほど笑えます(笑)

 

しかし、日常と非日常が入り乱れつつも「大学生」という青春時代をリアルに描き出したこの作品。

笑える反面、美しく切ない、爽やかな要素も併せ持っているんです。

 

ひねくれていてなかなか本心と向き合わない主人公の根底にあるのは、失恋してもなお彼を突き動かす「純真な心」なんです。

不埒な日々がつづられていく中、いたるところに胸がキュンとするポイントが散りばめられています。

 

散々笑って、予想外の展開にドキドキして、時には切なくなり、最後には気持ちがあたたかくなる、本当に素敵な一冊です。

皆さんぜひ読んでみてくださいね!

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2012年08月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆