n-cast+

event

N-Caster:名古屋

2012
07/23

Summer English Performance Festival

こんにちは!ユリです!

今日は先日行われた短期大学部の恒例行事

NANZAN JUNIOR COLLEGE 2012 Summer English Performance Festival」(旧Oral Interpretation)

についてご紹介します!

短期大学部生には欠かせないこの行事!今学期はどんな様子だったのでしょうか!?

覗いてみましょう!

まず、English Performance Festival (EPF)って何!?

小説、随筆、詩、戯曲、日記、書簡、その他文字で書かれたもの全てに対して、 その内容ばかりでなく、書き手の意図・気持ちなどを総合的に理解し、 それを言葉の本来の姿である音声として捉え直し、 自分の声と体を使って聞き手に伝達する、解釈とスピーチの学習のこと。

毎年春学期に1回、秋学期に1回開催されます。秋学期のEPFには200人を超える生徒が学習の成果を発表します。

昨年出来たばっかりのR棟のフラッテンホールで行われました!

もちろん英語でのパフォーマンスです☆

短期大学部にとってとても大切にしている行事の一つです!

毎年EPFが迫ってくると、学生と教員が一丸となってひとつの作品を完成させます。

まず台本を選び、書き手の意図や誰に対して話すのか、立ち居地は?声の大きさ速さは?

とっても細かいことまで仲間と分析し練習に励みます。練習中の学生や教員も真剣そのもの!

本番直前、昼休みに最終練習をしている学生を激写!

EPS1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリプトを持つ位置から表情、服装などの細部まで考えられているんです!!!

ホールのロビーには英語が飛び交っています!

 

 

 

一方舞台では。。。。

 

EPS2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは舞台でのリハーサル。

こちらのクラスは音楽やダンスも駆使して発表に挑むようです!

裏方や照明も学生なんですよ☆

 

 

 

さて午後2時

いよいよNANZAN JUNIOR COLLEGE 2012 Summer English Performance Festivalが始まります。

各クラス、各授業からそれぞれ独自のパフォーマンスが発表されました。

洋楽の歌詞をつかったり、ダンスをいれたり、スライドを使いながら発表したり!

EPS3

練習の成果を精一杯出して発表しています!

 

そして!今回のEPFには例年にはなかった教員のパフォーマンスも!

学生には知られていなかったこのプログラムは拍手喝采、大盛り上がりでした☆

 

 

.さて今回も大いに盛り上がったEPF!次回はどんな様子になるのでしょうか!?

ユリも本日のPresentation in Englishの授業で次回のスクリプトをもらいました!

これからそのスクリプトを読み込んで分析して秋のEPFで発表します。

 

また南山大学短期大学部主催の高校生、中学生のためのオーラルインタープリテーションコンテストや英語表現フェスティバルの開催要項がちょうど南山大学HPの短期大学部のページに掲載されました

興味のある方!ぜひぜひご参加くださいね!きっと意義のある体験になるはずです。

http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/tandai/news/kokosei-oi_18.html 詳細はこちら!

 

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2012年07月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆