n-cast+

卒業生

N-Caster:名古屋

2012
07/20

南山の卒業生・カード会社!

 こんにちは!

法学部4年ゆんちょです☆

新学期を迎えてから初登場です!(遅いぞ!!笑

今年度は卒業生チームの一員として

素敵な南山卒業生の方々を皆さんにご紹介しま~す(*^^*)

 

今回ご紹介するのは、今年3月に卒業された梅村先輩

私と同じ三重県出身で、後ほどお話に出てくる議員インターンシップで知り合った先輩です。

とても気さくでイケメンさんなんです(^∀^)♪

 ・プロフィール

2011年度 南山大学 外国語学部アジア学科卒業 梅村先輩

現在は某大手カード会社の大阪本社で勤務されています!


・今の会社に就職された理由

学生時代から金融マンに憧れていたからです。

中でもカード業界はお金を動かすのではなく、お金が動く道筋を作る仕事であるため、

「どうすれば人々がお金を使い易くなるか」という大きな課題があり、独創性が問われる所に魅力を感じました。

(大学4年の僕は日本の不景気は人々がお金を使わないからだ!という考えを持っていたので特に共感したのです。笑)

主力のクレジットカードだけでなく電子マネーやお財布ケータイ、

ネット上の決算手段等々常に新たな挑戦ができる環境に満足しています。


・お仕事内容

ずばり審査です。

お客様の利用内容をリアルタイムで確認し、不正な利用を発見したら社内の基準に則り対応を行っています。

基本的にはパソコン、書類、電話を駆使したデスクワークですが、調査のため外出する事もあります。

カード業界というと営業をイメージしやすいかと思いますが、

実は何千万人という会員さまのご利用のバックアップが業務の大半なのです。


・仕事のやりがいや大変なこと

現在担当している業務はお客様から「ありがとう」を言って頂くことは少ないです。

しかし不正利用を発見し適切な対応をし、会社の損失を抑えられた時はカード決済の裏側を支えている充実感があります。

仕事の大変なところは、1つとして同じ案件はなく、常に自分の判断が伴うところです。

そのため業務中は情報の見落としがないように細心の注意を払っています。

今後数年間で様々な部署や仕事を経験する事となりますが、

今は会社の内部の仕事を極め、次の仕事に繋げたいと思っています。


・南山大学に進学を決めた理由

学生生活を送る上でのサポート体制、設備が充実しており、就職活動における実績も高かったからです。

高校生の時にオープンキャンパスに行った際に、

歴史ある校舎と、楽しそうな雰囲気を感じていたことも大きかったですね。

入学後もイメージ通りでキャンパスはいつも活気で溢れていますよ♪今でもあの頃に戻りたい!!笑


・アジア学科を選んだ理由

僕が高校生の頃は中国への注目度が急上昇している時で、

大学や学部を抜きとして「何を学びたいのか」を考えた時に真っ先に中国が挙がったからです。

また僕は日本史選択だったのですが、日本の成り立ちには常に中国の存在があり

歴史的な観点からも中国について知りたいと思ったのです。

ゼミでの研究では自分の興味のある題材を思う存分研究でき、卒論も満足のいくものを作り上げることができました。


・南山大学で良かったこと

とにかく好奇心の高い仲間が多いところで

東南アジアへふらっと行ったり、積極的にボランティアをしたりと

入学当初の僕は「何でそんな事ができるの?」と思っていました。

しかし、そのような環境にいると人は変わるもので、僕も周囲からの影響でアクティブな学生に変わり、

ボランティア、旅行等々、今振り返ると2度とできない経験をする事ができました。

学問も重要ですが、南山に入学したら是非活動的な学生生活を送ってほしいと思います!


・課外活動について

議員の書生(秘書の見習い)をしていました。

南山生なら誰もが知る「議員インターンシップ(長期休暇を使って政治の世界を体験する活動)」に大学2年時に参加し、

大学卒業まで県会議員の方の事務所に通い続けました。

その中で、三度に渡る選挙活動、地域行事への参加、国政視察への同行など

普通の学生では触れることのない異世界を体感できました。

この議員との出会いがが僕の人生を変えたと言っても過言でなく、その方の経験や考え方に共感し、

日本縦断の1人旅やインドバックパックといった熱い経験もできました。

大学4年間で長期休暇は8回!是非1度は参加を!


・最後に高校生へメッセージを!

大学受験はみなさんが今まで経験したことのないとても大きな壁だと思います。

しかし就職活動をする上でも、そして会社で働く上でも受験はとても大きな存在です。

先日、某ニュース番組で作家の赤川次郎さんが「読書は人生の予防注射」とおっしゃっていました。

この発言の意図は「本の中で色々な人生を経験し、少しでも辛いことを仮想経験すれば、

現実に何か辛いことがあっても乗り越えられる力になる」というものでした。

受験も同様でいつか「あんな辛いことを乗り越えられた」という経験に変わり、

この先の人生で大きな味方になると思います。

皆さんの健闘をお祈りしています!

 

梅村先輩ありがとうございました(^^)!

私自身も2年生の時に議員インターンシップに参加し、

その時の経験や出会った人達は私の財産になっています☆

「大学生=人生の夏休み」と言われることがあるように

今しかできないことを思いっきりやっちゃいましょ~!

もちろん勉強もね♪


最後に、梅村先輩のある日の昼食です☆

社員食堂がとても充実しているとのこと!

これで200円だそうです!!!(お腹空いてきました・・・泣

IMG_9760.jpg

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2012年07月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆