n-cast+

卒業生

N-Caster:名古屋

2012
05/14

南山の卒業生・ホテルマン!

こんにちは!

経済学部2年のもりけんです!初登場です!

 

今回ご紹介するのは、今年の3月に南山を卒業された小野 駿先輩です!

僕の所属してる部活の先輩です✩

 

 

 

 

 

【プロフィール】

2011年度 南山大学 外国語学部英米学科 卒業 小野 駿 先輩

大学を卒業されてからは、とあるリゾートホテル会社に就職して、

箱根で働いていらっしゃいます!

今回は電話でインタビューさせていただきました。

 

【今の会社に就職された理由】

僕は元々旅行が好きで、シティーホテルやビジネスホテルなど、

様々な宿泊施設に泊まった経験がありました。

そんな中、海外のとあるリゾートホテルに宿泊した時、

お客様とホテル側との「距離」の近さに良さを感じました。

その後、日本にも「リゾートホテル」という種類のホテル企業があると知りました。

そこのホテルに泊まってみると、会員制ということもあり、

よりお客様との「距離」が近くてとても感激したんです!

ホテルマンの方が僕の顔を覚えてくださってた時は、本当に嬉しかったです✩

 

【お仕事の内容】

今、僕は「ラウンジ」という、喫茶店のように少しお茶することができる所に配属されています。

ただし、普通のラウンジとは違って、朝食・昼食・夕食を食べることができ

さらにはバーにもなるところなんです!

そして、僕がやっているのは、お客様を座席までご案内したり、ご注文を受けたりなどしていて、

時には、お客様からのメニューに関する質問にお答えしたりもします。

さらには、バイキングで、お客様が食べ終わった後のお皿を下げて(リセット)、新しいものをセットする

ということもしています。

 

【お仕事の「やりがい」や「大変なこと」】

僕の勤めているホテル企業は会員制なので、リピーターの方がほとんどです。

そのため、お客様の期待が非常に高いため、それに応えるのが大変です(汗)

ですが!その分、工夫することが大切で、それを考えるのがとても楽しいです!

1度として同じことは起きないので、

その度に何をするのが一番なのかを考えるようにしています!

あと、常に気を配っていなければいけないのも大変です。

「焦っているのが顔に出てる」ことを職場の先輩には叱られます(汗)

 

ここからは、南山での生活について聞きました☆彡

【南山大学に行きたいと思った理由】

僕は、英語が好きで英語についてもっと勉強して長所にしたい!と思っていたのが理由です。

World Plaza」や留学をできる環境が整っていること留学生も多いことから、

多言語多文化な大学だと思い、行きたいと思いました。

 

【外国語学部英米学科を選んだ理由】 

南山大学の中でも、特に英語が勉強できる学部学科だと思ったからです。

日野水先生の模擬授業を受けて、雰囲気が良く、楽しかったため、

「入りたい!」という思いを強くしました☆

 

【南山大学でよかったと思うこと】

少人数制のクラスが多いため、すぐに友達ができて、

お互いに切磋琢磨し合えるところだと思います。

特にゼミは、最大でも15人くらいしかおらず、

 先生にひとりひとりを見てもらえるので、とてもありがたかったです☆

 

【課外活動について】

僕は、南山大学スコラ・カントールムで、4年間ずっと歌ってました♪

3年生になって、運営していく側になったとき、

演奏会は自分たちのためにやってるのではなくて、

来ていただいた人のためにやってるんだ、自己満足ではダメなんだ

と気づきました。

そして、会場の神学院(南山大学にある教会)が寒いのであれば、

カイロやひざ掛けを配ろう!と自分たちで考えて、行動しました!

この時の「自ら考えて、おもてなしをする」という感覚は、

今の仕事に繋がってるかもしれません☆

 

【最後に、高校生にメッセージを!】

今を大切に!

受験勉強も大切ですが、頭がパンクしそうになる前に息抜きをしてください。

力を抜くことも大事!焦らなくても大丈夫!

南山大学はいろんなことができる大学なので、頑張ってください♪

皮脂

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2012年05月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆